深沢七郎の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529 9
人間滅亡的人生案内

人間滅亡的人生案内 深沢七郎

真面目なのか、ふざけているのか…悩める相談者に対して、コメンテーターが、独創的な観点で答えていきます。 不思議な世界観を楽しめます。

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074009dbe19df e154 4208 bbe4 03e90152563b
みちのくの人形たち

みちのくの人形たち 深沢七郎

日本人なら深沢七郎は読んでおくべき。これは後期の代表作で、谷崎潤一郎賞受賞。「深沢七郎(1914〜1987)は、これまで人が知らなかったものを見る、あるいはこれまであったものを別のものに切り換える、特別な才能を持つ人だ。」(荒川洋治_解説より)