藤原新也の本

印度動物記

印度動物記 藤原新也

ノンフィクションだと思って読んだらフィクションでした。ノアがなんだかよく分からないような分かったつもりでもそれがなんなのか、説明出来ない。 漫画版ナウシカのような世界。

大鮃

大鮃 藤原新也

自分と太古が重なる。特に大きな経験もなく、ゲームにのめり込んだこともあるが、結局それは自信に繋がることはなかった。ゲームでなくとも、与えられた経験ではどんなことをしても、自信(父性)にならないのだ!自ら求め、リスクを負いながら、最後までやり切った時、また別の新しいものが見えてくるのだろう。ただし、それには時間がかかってもいいのだと、作者は言っているように思う。マーク、ラドガ、アランでさえ、父性のかたまりのような人々も、それぞれに弱さを持ち、過ちを犯し、時代に翻弄され、しかしそれを乗り越えて、必死に生きていくうちに、父性(自信、やさしさ)を身につけたのだ。  私も今の仕事をなおいっそう打ち込みたいと思えた。  

2902bdd2 2dd2 4dcb 905e c570dd19b97aB96fd855 e753 4b6c a90e 98cae29ae10b
アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!! 阿川佐和子

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850817d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a6416b8ee f371 4dd1 a2ea 8c6d12d95a36
全東洋街道 上

全東洋街道 上 藤原新也

メメントモリもいいけど、やはりこっちの方が好き。 これを読んだ後に「深夜特急」読んだので、あまり「深夜特急」に感化されなかった。

印度放浪

印度放浪 藤原新也

インド人の体臭までもが伝わってくるような本です。肌にへばりつくような独特の読書感が味わえます。