澤田瞳子の本

火定

火定 澤田瞳子

平安時代、天然痘が蔓延した。 地獄です。自分も、医者も、看護者も、患者も、親も、子も。正しい判断ですら、鬼の所業。携わらずいる事も、側で共にいる事も。 人として、己個人として、心の中にどうやって問いかけていけばいいのかすらわからない毎日。 「名代」の等身大の嘆きが読者を平安の地獄に誘います。ここでこそ、本質が見えてくる。 登場人物に自分を重ね合わせることが出来なかった。ソコにいる事になるのが怖かった。逃げた貴族とおんなじだ。

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
若冲

若冲 澤田瞳子

若冲ブームに乗っかって 乗っかってない人よりは少し詳しくなった

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3117f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7fDc2d2c55 9a8c 438d 9c7f 86ab9b2992df579a43ba 1d10 4545 a210 310fda0aa26e8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Edafc800 5ed0 4f28 b1f1 37a895eee163