本多孝好の本

短編学校

短編学校 米澤穂信

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder
ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2 本多孝好

漫画は小説に近づき、小説は漫画に近づいたのだろうか?限りなくその境界線をなくしつつある。同じ出自を持つ二つの敵対グループのメンバーは、それぞれ特殊能力を持つ。「僕」という一人称で登場する主人公に肩入れしつつも、どちらにも戦うべき理由や事情があり、その正義と悪の境界線も曖昧になっていく。この先、どんな結末が待っているのか?

本からはじまる物語

本からはじまる物語 恩田陸

有栖川有栖先生のとこしか読んでないけど、『注文の多い料理店』がベースになってて、でも独自で、いつもの作家アリスシリーズとは違う面白さがありました。

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8719cbce4 3f1a 4f38 af15 b926f3bbad39
at Home

at Home 本多孝好

短編集。どの物語も、物語のラストには始まりの時より少しだけ幸せになる物語。いい短編集でした。

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed6477021d 857c 4384 a539 f3aeeea7d3b4A7bcc1aa d569 4f6e a068 c557d267053a0840b7f7 9b16 42c1 bfea 2c7391c2cdc6Fd905cd1 87a4 4db0 9e56 844e71fd91073bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c792 8
MOMENT

MOMENT 本多孝好

帯に”泣く”と書いてあって期待したからか、泣けはしなかった。 でも淡々としている文章ながら、現実味があるのは好き。 主人公の機転の良さや一つの事象が見る視点によって異なるのが面白かった。お気に入りはFACE。

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac94171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737a77e6c3b1 c70f 4af5 8c8f 91332496f56e84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae72d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d6477021d 857c 4384 a539 f3aeeea7d3b475e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03 23
Fine days―恋愛小説

Fine days―恋愛小説 本多孝好

本多孝好さんの本はこのこが初めてでした。購入した年齢ではうまく読み進めることができなかったけれど、数年経ってから虜に。

WILL

WILL 本多孝好

MOMENTの続きです。 主役?は前作とは別の人物となりますが、前作同様ハッとさせられる、ふと涙してしまう話が続きます。 内容はよくよく考えたら重めの話なのかと思いますが、すーっと読めてしまいます。ただ軽く扱っているわけではないんです。ここら辺がこの作者さんは本当にスゴイなと思います。 読み終わりもスッキリです。

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Abac7821 ba1f 4b12 a824 e026a5559b39
ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 本多孝好

考えてみれば、これまでも人類は数々の試練を乗り越えてきたわけで、現代が最良の状態とは言えないまでも、少なくともこの地球上ではあらゆる種をさしおいて我が物顔に闊歩している。たぶん、大いなる勘違いをしながら。 そんな人類に警鐘を鳴らすかのように、人類に危機が迫る小説はいくつかある。ある時は、地球外生命の到来。ある時は、突然変異による新人類の登場。 この小説では、人間が作為的に人間を進化させ、人類のさらなる飛躍を画策する。そのようにして作られた人間(?)が与えられた超人的な能力で自らの運命に立ち向かう。

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1 本多孝好

石ノ森章太郎作『サイボーグ009』を彷彿とさせる設定だ。ただし、この小説では4人の超人的な能力を与えられた男女が活躍する。そのグループを統括する若手の政治家は、決してギルモア博士のように正義感からメンバーを動かすわけではない。そして、同じように特殊能力を持つ敵対グループとの戦いを余儀なくさせられていく。彼らは主義理想のためでも、私利私欲のためでもなく戦う。その戦いに意味はあるのか?ACT-1の最後、リーダー格の主人公は、この仲間の側にずっといると誓う。安らぎの日は来るのか?ACT-2〜3へと続く。

LOVE or LIKE

LOVE or LIKE 石田衣良

好きな作家さんが詰まってる短編集 本多孝好さんの『DEAR』が好きでした。 「考えなくたって考えたより正しいことができる」あぁ、そういう子いるな、と思い浮かべた。

63d2d120 4168 4061 86b4 57e1b5a7849610dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931