阿久津隆の本

読書の日記

読書の日記 阿久津隆

学会準備及び書店廻り終了。帰宅路の新幹線にて「読書の日記」阿久津隆著NUMABOOKS、本の案内をしながら買ってしまうというよくわからないループ。いまは「八月の光」あたり、翌日仕事なのでアルコールはないがすこぶる好調。 と書いた半月前。現在進行形で気の向いたときにパラパラとめくる。 例えば本日7月8日の日記 「寝る前に酒を飲みながらウルフを読んでいたら『幸福』という気持ちになった。ウルフは相変わらずあれこれに一喜一憂していて、その様子を見ていたらというか、ただ読んでいたらなんでだかとても満たされた気持ちになって、同時に、『こんなに働いたらやっぱりダメだ。こういう時間をもっととれるようにならないといけない。明日店に行ったらまずは皮算用だ。Excelだ』と思った」P.831 思わずクスっと笑う至福の時間だ。

6cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def289c3885 012f 4353 974f ba5fa8ad8d2dEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Ede2370c 52b5 401f a02b f85ff334e436Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fceEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3Icon user placeholder 18