獅子文六の本

青春怪談

青春怪談 獅子文六

昭和の作家、獅子文六の面白さを満喫できる一冊 相変わらずのドタバタ劇ですが、もちろんぐいぐい読ませます 登場人物、超合理主義な慎一とバレエに情熱を注ぐ千春がほんとにお似合い! 慎一の母、蝶子もまたかわいい人で… 獅子文六はまりますー

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c0d566eca 1259 45b6 8104 7f6c5c9a6b66E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b56c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Dd19e497 d6e5 4f45 9ff1 0a67a4e6bd9c 22
(003)畳

(003)畳 林芙美子

「馬乃文章」 愛すべきクズ 「ある結婚式」 気は進まないけどやらねばならぬ。面白かったです。 「軍国歌謡集」 男も女もめんどくさい奴ばかりだった

09a422f2 9923 4b4c b36a 2c8b7a1e08811ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3
娘と私

娘と私 獅子文六

自伝小説。ユーモラスな作品を書くイメージがあったが、大変な時代を娘一人抱え生き抜いてきた現実的側面を知りますます獅子文六という作家に興味を持った。戦前から戦後までの時代のクロニクルとしても楽しめる。NHK朝の連続小説第1号となった作品というが、見てみたい気もする。装丁も好きだ。

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4405a91638 748b 4594 b06b 43968fc1d6f9Ccde5e76 f393 4dc5 8c7a ccc0e3f43d41
てんやわんや

てんやわんや 獅子文六

戦後の新聞連載小説 面白かった。新聞小説だから本人ももしかしたらどうなるか分からない感で書いてたらしい。てんやわんや。

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca44c16232 094a 4826 b8db ed360747e776E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44
アンソロジー ビール

アンソロジー ビール 東海林さだお

山口瞳さんや田中小実昌さん、久住昌之さん等々の名エッセイがずらりと並ぶ。どこを開いてどこから読んでも頁に吸い込まれる。白眉というか、斜め上というのか、赤塚不二夫さんのバカボンのは絶対に読んでほしい。「ちくしょうどうしておれはこんなにお酒がすきなんだろう」

3c15e891 e45f 4fb3 be3c 6b80061826dbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508
おばあさん

おばあさん 獅子文六

ここ最近読んだ本の中で、一番面白いと言っても過言でないほどの傑作。 獅子文六作品を手に取るのは二作品目だが、彼は人を描くのがとても上手い。 本作品の主人公「おばあさん」を見れば、それがよく分かる。 その出自から、教養があり、素直で、お嬢様然としているかと思えば、時に、快活で「只者でない」したたかな面を此方に覗かせてくれる。この一筋縄ではいかない「おばあさん」が、家庭内の問題をズバッと解決してくれるというのだから、読者も面白くないわけがない。 読者をとことん「いい気持ち」にさせてくれる作品。本当にオススメです。 ……出来ることならやっぱり映像化してほしいな。

自由学校

自由学校 獅子文六

面白かったなあ この時代の大衆文学?をあまり知らないせいか、とても楽しめた 戦後の日本をこんなに明るく読めるっていいな

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f3e1806ac f9ab 4746 a69e f9e7479911faE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
悦ちゃん

悦ちゃん 獅子文六

獅子文六の復刻版シリーズのなかで、表紙のイメージで唯一ちょっと嫌煙していた作品。読んでよかった、えっちゃんの自由奔放さが猫みたいでかわいかった。 表紙、装丁で手にとるタイミング逃してる本ってたくさんあるんだろーなー

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f5032a470 5f6a 4cbb 9614 badf3c839a2dB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
コーヒーと恋愛

コーヒーと恋愛 獅子文六

「コーヒーと恋愛」。なんという素敵なタイトルなんでしょう。どちらも「ほろ苦い」という共通点はあるものの、この2つの言葉を組み合わせるだけで、どうしてこんなに素敵な響きになるのでしょうか!? 悔しい!私が「コーヒーと恋愛」って良い響きだよね?なんて思いついてみたかった(笑) このあたりの言葉の選び方に獅子文六先生のハイセンスぶりが良く表れていると思います。なにしろペンネーム「獅子文六」の由来も、覚えやすい響きの”ししじゅうろく”をベースに、”文豪より上をゆく”ということで”文六”とした、という。。。エスプリ効きすぎです! そしてその字面も「獅子文六」という大変美しい日本語となっている(主観です)。。。さすが、としか言えません。 そんな獅子先生の代表作の一つ「コーヒーと恋愛」。コーヒーを淹れる腕が極上で、憎めないキャラの主人公「モエ子」と演劇を志す彼、「ベンちゃん」のドタバタ恋模様が、コーヒーマニアの人々とのかかわりの中で「ほろ苦く」そして「微笑ましく」描かれていきます。 私のことが好きなの?それとも私の淹れるコーヒーが好きなの!? 古き良き昭和の香りを感じつつ、コーヒーの薀蓄も楽しみながら、個性の強い登場人物たちに親近感を覚えながら、モエ子の恋の行方は果たしてどうなるの!?とドキドキしつつ、読んでみてはいかかでしょうか?! ただし!読んでいると確実にコーヒーを飲みたくなりますので、それは充分覚悟の上、読み始めてください(笑)

E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e11ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f30d566eca 1259 45b6 8104 7f6c5c9a6b6687327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2550562b3 4c0c 4170 b00e 8e2cd99973c8 49
アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!! 阿川佐和子

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850817d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a6416b8ee f371 4dd1 a2ea 8c6d12d95a36