内館牧子の本

ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
終わった人

終わった人 内館牧子

定年した主人公が自分を終わった人と認めずにもがくお話し。リアルな悲壮感を感じさせつつも、シニア世代の熱さに引っ張られて中盤から300ページは一気読みでした。 今読んでおいて良かったと思います。

Icon user placeholderFf5ad4ab 784c 48ad a80d 341802f65847Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be4f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6E5e98223 0c01 4f43 a3ce f1c7e93e7a5eAd0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c9571 21
エイジハラスメント (幻冬舎文庫)

エイジハラスメント (幻冬舎文庫) 内館牧子

ものすごい罵り合いに 心がトゲトゲになった。 でも、トゲトゲするってことは、やっぱりそれが日本の現実なんだよなあ。 現実をすごく凝縮して描いている作品で、ゾッとする一面も。 女の人生を充実させるために必要なもの、「健康、まっとうな家族、経済、仕事、趣味、結婚前の恋愛。」 男は「死に場所。」「死に場所を持ってる男が、生も死も充実するんだ」 なるほど。

130557ba 7d21 4ba7 b132 d9265d99661b4cb2fd27 92c2 4f65 a2ab 4f60633ad647
十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞

十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 内館牧子

古典としての源氏物語が好きな人にはオススメしないけど、漫画「あさきゆめみし」が好きな人にはウケると思われる一冊。 後の朱雀院の生母、弘徽殿女御を中心に据えた物語。 言葉遣いがところどころ??な場面もあったけれど、エンターテイメントとしては良作。 一瞬夢オチかと冷やっとしたけれど、そうじゃなくてよかった。

5cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba23a71e70 5ee1 44ab bbe6 ae13a69718d3
アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!! 阿川佐和子

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850817d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a6416b8ee f371 4dd1 a2ea 8c6d12d95a36