池井戸潤の本

下町ロケット

下町ロケット 池井戸潤

読みやすさ★★★★★ 面白さ★★★★★ 感動★★★☆☆ ためになる★☆☆☆☆ また読みたい★★★☆☆ 製造業に勤めている身としては、凄く楽しい。読みやすし、仕事に熱意を感じられるし、見習いたいと思える。池井戸さんは、これが初めて読んだが、他のものも見たいと思う。読みやすい。楽しい。と良い物語であった。

092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f9A1f2689f 2272 4c60 9d20 2bacb1ab849fFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deCa99d3e3 ed26 49a3 89eb 09af1a975f8d37eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be
民王

民王 池井戸潤

池井戸さんらしい、細かく刻んで上り詰めていくサクセスストーリーだった。必ずしわせな気分になれる池井戸さんの作品はたまに読んだ方がいいな、。

Icon user placeholder13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389223e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf06888f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d82051d4555a3 8306 42a5 8b7a 7bc2f35a68beCfc6c81a 8779 4457 aa15 c154dc56619c 12
BT’63(下)

BT’63(下) 池井戸潤

若干グロいが、娘への想いや家族愛を感じる。下巻はイッキ読みでした。

61992cc1 00e8 422f 8b16 e220c92ee7ec3345b4ec a44b 4357 9ebf 86b604d252ce
株価暴落

株価暴落 池井戸潤

池井戸潤の作品を時系列に読んでないからなんともだけど、ミステリーもいけるんだと、感じた作品。

E70ad272 544f 4613 a86d a2e1d53ea09bF3b5a593 5048 4cd4 a692 f53f11d2bcefF20e342f 732d 4200 8ee1 23fb1cfc01bbAcff5fea 979a 4728 bc17 514e71d0a43661992cc1 00e8 422f 8b16 e220c92ee7ec
下町ロケット

下町ロケット 池井戸潤

町工場対大企業の戦い。 町工場、ロケットときたら東大阪を連想する。 ドラマ化になるだけに面白い。 半沢直樹を超えるかな?

4ac592c1 c442 4773 91be 4871de2283599fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db68343626ed6b1 0405 4b43 9d6c e10f1de36819Afd18f1c 2020 4007 bec7 6d9c5b85871f3516157e a069 4d9f 91da 4be39f106c3d79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7 20
空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ 池井戸潤

一気読みでした。諦めない、筋を通す。人を思う。人として大切にしたい事が全て詰まった物語

0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd349bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d168b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea98e011d6d 23d4 428d adb0 958de0db2b19
アキラとあきら

アキラとあきら 池井戸潤

池井戸ワールドにどっぷりつかりました。 ドキドキ。イライラ。スッキリ。 あきらとアキラの幼少からの姿が丁寧に描かれていていることで、盛り上がりにおける「あきらとアキラ」の行動が理解出来ました。

37256b39 54f2 4a9f 98b2 901811740a9a9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d13b983510 95dc 4e01 a8ee 4738e0f27d88Icon user placeholderD9cdcd32 5754 4a04 a1d6 e755715dd96bAc53ab3a 61c2 4a4c aa5f bd60542cb6caB366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d3 40
陸王

陸王 池井戸潤

老舗の零細企業が挑む、熱き誇りを賭けた感動のドラマ。 大手企業に果敢に挑む様は、大変読み応えがあった。 ラストは、池井戸作品お約束の大逆転劇!! 最高に面白かったーー!! ランニングしたい気持ちにさせられました^^

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd346b747538 6fdd 4101 b28f 6de6fffa4ffe19f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb10C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f49a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da 36
下町ロケット2 ガウディ計画

下町ロケット2 ガウディ計画 池井戸潤

今頃読んでみたのだ。いや見事なまでの水戸黄門パターン。真面目に地道に頑張る主人公が悪役に酷い目に合わされるも最後はどんでん返しで成功する、といういつものパターン。今回の舞台は前作のロケットの 部品から医療機器の開発にシフト。お医者さんのドロドロした世界なんかも丹念に書かれてて怖い。時代劇と違って感情移入しやすい設定も人気の理由なんだろうな。確かに面白かった。

Ca99d3e3 ed26 49a3 89eb 09af1a975f8d0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd341525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Cfc6c81a 8779 4457 aa15 c154dc56619c37eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abF1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be 27
果つる底なき

果つる底なき 池井戸潤

主人公が同僚からの思いがけない一言が事件への第一歩となった。銀行内部の腐敗を上手く引き出しながらいいテンポで話が進んで行く。終盤は犯人がなりふり構わず襲いかかるが、なんとかしのぎ解決することができたのは良かった。主人公が今後どうなるのか気になるところだが時間を忘れて一気に読める本だった

F3b5a593 5048 4cd4 a692 f53f11d2bcefCfc6c81a 8779 4457 aa15 c154dc56619c1ef99d9a 7b86 4330 aebd 49b589d668ab3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bF20e342f 732d 4200 8ee1 23fb1cfc01bbFa15a997 b5c0 454b 8f50 02e5c616ccb3
BT’63(上)

BT’63(上) 池井戸潤

いつもの池井戸さんではないのですが、スリリングで面白い。

19f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb10327fbf53 3c9c 4d0f b199 4cd476c70d3661992cc1 00e8 422f 8b16 e220c92ee7ec3345b4ec a44b 4357 9ebf 86b604d252ce
ロスジェネの逆襲

ロスジェネの逆襲 池井戸潤

前々作、前作に引き続き。世代にも組織にもブレず、芯を貫く姿に感銘を受けた。早速次作を手にとろう。

0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3466a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ce78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4E1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6 26