角田光代の本

学校の青空

学校の青空 角田光代

もっと今よりもっと若い頃、高校生とか10代の頃、命が軽かった気がする。でもそれは悪気があるわけじゃなくて無知ともまた違って、エネルギーばかり有り余ってそのままいつでも死んでしまえそうな感覚の中で生きているから仕方がなくて。そんなどうしようもない狭い世界の中で必死に生きる少女たちのお話。

24a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad56293602ae9b b665 40b2 a8e2 9afc24bd0e6dB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087b 39
ひそやかな花園

ひそやかな花園 角田光代

とても良かった。毎年夏にあるキャンプが小さな子供達の記憶の中に染みていて、それをめぐる大人達が嫌な存在から読み進めるうちにどんどん理解できる様になる。

0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a52c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f86898b3a e717 42e3 bd1b a17666747e60238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69902dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a5 8
福袋

福袋 角田光代

母の遺言もカリソメも面白かった。待ち時間にサクッと読み切ってもちょうどいい軽さの余韻の本だった。

マザコン

マザコン 角田光代

母娘についての短編集。 わかるようで、わかんないような微妙な感情の機微がなんだかもやもやする! 女性だなぁ… 長編よんでみたい。

ドラママチ

ドラママチ 角田光代

満たされないのにただ待つことしかできないところ私にそっくりだなって情けないほど不安になる。角田さんはありふれた人を書くの上手だよね。

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ffBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc21300d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b94819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d
拳の先

拳の先 角田光代

空の拳の続編。 多くの人に読んでもらいたい素晴らしい作品。

ベスト・エッセイ2017

ベスト・エッセイ2017 角田光代

佐藤究さんの「勝負師のスパイス」というエッセイが面白すぎる。若い頃、通い詰めていたカレー屋の味を再現しようと、S&Bディナーカレーに様々なスパイスを加え、試行錯誤する話なのだが、結末が衝撃的。たった2ページちょっとの文章だが、その虜になり、何度も読み返してしまった。

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f
対岸の彼女

対岸の彼女 角田光代

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb5865cffbd 731a 4678 951e b461b4405005Icon user placeholderE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4Icon user placeholderDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b4042c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 23
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0147227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f4225ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c347a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf
わたしの容れもの

わたしの容れもの 角田光代

「「読書体力」は十代の半ばから二十代の半ばくらいまでがピークだと思う」という著者の言葉に思わずヒザを打った。「幼児期に読書能力を培った人は理解や共感、ましてや教養のためだとかで読むのではなく、有り余る読書体力を消費するためにがしがし読むのである」。スポーツと同じであると。その頃の自分を思い起こすとまさにその通りだと思う。だからその体力が落ちる中年になってから、子どもの頃本をあまり読まなかった人が本を開いてもなかなか読むのが難しいのではないかと書いてある。そうかも知れない。ちなみに著者曰く「漫画体力」というものもあるらしいです。私の場合、これはとっくの昔に枯渇している。

Icon user placeholder4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b0Icon user placeholder4b867096 9eac 4abe 9861 53af2907d6c5E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae
ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f