岩本ナオの本

マロニエ王国の七人の騎士 2

マロニエ王国の七人の騎士 2 岩本ナオ

いかにも上手そうなカバーに、しばらく敬遠していた作品。ふと読み始めてみるや、もう滅法上手くて気持ちよし。 初見の印象より少年マンガ寄りで、騎士よりも姫の方が、格好良さでも可愛さでも、ずっと生き生きしてる。普通に次が楽しみ。

マロニエ王国の七人の騎士 1

マロニエ王国の七人の騎士 1 岩本ナオ

絵も騎士たちの描かれ方もとてもほのぼの。ストーリーは正統派ファンタジーっぽい。絵本で冒険譚読んでる風な楽しさがあって好き。 まだ2巻までしか読んでないけど、今後7人全員の出番が増えてくるとますます面白いだろうなと期待してます。

23fbd11a 8368 4a19 9e83 935743bc3b5dAd2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf07205e8f61 2f30 4d4c 8be8 344d752cb3c9Icon user placeholder00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Icon user placeholder95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd 9
ジャイキリ読んで〇〇してきました

ジャイキリ読んで〇〇してきました 岩本ナオ

「友達や恋人をサッカー観戦に誘いたいんだけど、なかなか興味を示してくれなくて...」なんてお悩みの方、けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。(僕の周りだけ?) そんなお悩みに応えてくれる一冊がこちら。 サッカー好きなら恐らく知らない者はいないであろう、大人気サッカー漫画「ジャイアント・キリング」を読んでサッカーに少しずつ興味を持った著者が、本当に少しずつ少しずつ会場に足を運び始めて、だんだんと生で見るサッカーの魅力に触れていく、という実録系漫画です。 「30代女性、わりと無趣味、ひきこもり、行くのは本屋と映画館くらい」という、どこにでもいる文化系女子だった岩本さんが、本当に少しずつですが、サッカーの魅力にハマっていく姿は必見です。 「友達や恋人をサッカーに誘いたいけど、興味を示してくれない」というお悩みを持っている人は、この本と「ジャイアント・キリング」本編を渡して読んでみてもらうといいかもです!