堀道広の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 10
パンの漫画2 さすらいのクロックムッシュ氏編

パンの漫画2 さすらいのクロックムッシュ氏編 堀道広

堀さんはとにかくキャラ造形、線のタッチが最高。 1の乱雑さや小ネタ感も秀逸だが、 2は相変わらずのガロ感ありつつ、1つのキャラに委ねてパンやパン屋エトセトラを語る様の練度が高く面白い。 マガジンハウス的欲求も満たされる。