米代恭の本

あげくの果てのカノン 2

あげくの果てのカノン 2 米代恭

いつか私を好きじゃなくなる。 ここにいる先輩は「絶対」じゃない。 昔は普通の片想いだったのに... パッヘルベルのカノン。

D97a28fc d708 4a37 942c 2319759f4708Icon user placeholderA5fe0e2e a191 4cf1 96d4 272b69bedd27E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc747227c53 989e 4989 b044 f7d7c4e9f42234ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb604f6c1059 51be 43c2 af6e 74e0243f0381 12
あげくの果てのカノン 3

あげくの果てのカノン 3 米代恭

今一番自分の中でキテる漫画。 この巻では宗介や初穂の思いが描かれている。特に宗介の気持ちが分かったのは良い。 主要登場人物全員が自分の感情をぶちまけるのでハラハラしてしまう。 この巻はほとんど不倫の方に話が割かれているが、ラストではこの漫画のSF要素がズドーンと出てきてワクワク。 ここまで許されない恋ってなかなかないよなぁ。

9f5563d9 001e 49ff af6d 6e6b0d96d805Icon user placeholderB9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef6cbd4e2b f46e 4237 bdc4 7b6df627f0f660729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a83578c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedFad37843 073b 48f7 bbc0 0543c4789502 9
あげくの果てのカノン(1)

あげくの果てのカノン(1) 米代恭

叶わぬ恋に身をやつす少女の密やかな日常。その一方で、世界は謎の生物からの侵食により壊れていく。そして、想い続けた相手は… 道を外れた恋の暴走と、終末的な世界観が見事にシンクロし、先の見えない展開に引き込まれる。