Agatha Christieの本

アクロイド殺し

アクロイド殺し アガサ・クリスティー

幸運にもトリックを知る前に読み終えることができた。フェアかアンフェアかの論争があったのは知っていたけど、真相に驚かされると喧伝されている作品であるため、「そう来たか」という驚きと「こういうわけか」という納得で半々。何を書いてもネタバレを示唆しそうなので控えめに言うけど、個人的には有りだと思う。読み終わった後、三谷幸喜がドラマ化した「黒井戸殺し」を見たのだけど、冒頭の演出に拍手してしまった。ドラマとして、あの演出が冒頭に来ることで大分フェアに感じる。

Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093C5440a6a 2c87 4022 a073 d86759f6dcd720f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52013579f0e 45c7 4964 9a73 9b2a7980d5407ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b70b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d87262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d 17