VOFANの本

宵物語

宵物語 西尾維新

暦の大学時代のこのシリーズは、怪異よりも現実的な問題についてが多かった。 それでも、怪異はキッカケであり、問題の本質はどこまでも人間だなぁ、と思った。 老倉よりも酷いネグレトの家庭環境で育った紅孔雀ちゃんと、両親がエリートの警察官であるために色々ととりなしてくれたり、車を買ってくれた暦との対比が凄い。 彼女と比べたら、暦の両親との不仲も全然いい方だった。一長一短には比べられないけれども。 ただ、現実的な分、全裸で町を歩けるはずがないというか、著者は必ず一巻ごとに全裸を出すのが好きだな? 全裸で歩ける紅孔雀ちゃんのメンタルや、凄い田舎なのかな?と思った。 暦の思った通り、ラストには出てきたひたぎだが、後輩や斧乃木と過ごす時間が多くて二人が別れてしまわないかヒヤヒヤした。 儀式のために、本物と同じと見間違うほどの白蛇の絵を描く撫子が凄い。こっちの撫子の方が好きだな。 人間の汚い世界を知らない八九寺だからこそ、紅孔雀を全肯定できるのは良かった。

0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43f271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715D4f55fca 8808 454a b73d 47585ea63a5445adb6b3 3094 420b a49f 37c0ab41ac33B5a842d2 0468 4649 8810 4e515711ea46
忍物語

忍物語 西尾維新

「結物語」より少し前の、暦がまだ大学生の頃の話。 シリーズ全体の中でミステリー色が強く、暗号の謎解きもあって面白かった。 メタ的な感じや、わざと、アニメ化できないような全裸が出ているけれども。 しかし、暦以外は相変わらず女しかおらず、ハーレム色の強い作品だが、暦には男の友達も作って欲しい。 名前として存在しているのかも怪しい被害者たちのネーミングセンスも西尾氏らしい。 暦も忍も最初より成長したのは良かった。 ひたぎには全ての顛末を最後に話して、二人だけの会話と時間がいい感じだった。

0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43f271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715B5a842d2 0468 4649 8810 4e515711ea46
結物語

結物語 西尾維新

第一巻目でまだ高校生だった暦たちが大人になって就職していて、時間の流れの速さを感じた。 暦と同じように不死身になった職場の、新キャラも出てきて相変わらず名前が凄い。 羽川は、まるで「十二大戦」の猿のように平和を目指しているけど、どこかで狂ってしまっている。 忍野メメに言われた通り、羽川は気持ち悪くて 、暦ももう関わりたくない感じで、世間は広くて狭くて、人って変わることを見せつけられた。 ひたぎが現れるまでは二人は実は両想いだったけど、暦にはやはりひたぎがお似合いだと思った。 阿良々木家に来たのは、本物の羽川だと思う。 八九寺や忍野や貝木が出てこなかったのは残念だけど、第一巻から成長したり色んなことを経験した暦たちが見れて良かった。 次のシーズンは大学生時代の暦の話で、そろそろ綺麗に終わってもいいと思う。

Icon user placeholder0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43f1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7154ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2 8
撫物語

撫物語 西尾維新

撫公は登場する度に意外な物語を展開するキャラクターだなぁと思います。ブルマ。

271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a71530726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
掟上今日子の遺言書

掟上今日子の遺言書 西尾維新

まるで忘却という自分のハンデを楽しむかのように推理を展開する今日子さん。 バラバラの断片を最後、一気につないでいく勿体ぶった、かつ、紛らわしい今日子さんの推理は今回も健在! ラスト1行の執筆が深い。

8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba1cbff4d3 a5a5 45eb 9033 1ef0b1441b3aEc385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b11a3e9a7a 0135 4ca7 a0c2 bd93a8eb424eCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778C48cb168 881e 4811 953d 7fc68f82b7f34ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009 14
傷物語

傷物語 西尾維新

他の本はなかなか読めないのに、物語シリーズはさくさく読めちゃいます。オタク気質なことを再認識してしまいますね。シリーズの冊数が多いので、まだまだ楽しめる!

0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fIcon user placeholder1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7151ca2b8d7 ec1e 4b7c a8b6 5d847c93107bB537aa76 fc82 436c 94fd 2a26495086a7F0409bf2 8f74 489e a553 0ffd8c167a9f 16
掟上今日子の推薦文

掟上今日子の推薦文 西尾維新

読み進めるほど、キャラクターがつかめるどころか、ますますミステリアスになる今日子さん。 清楚なイメージと、事件を最速で解決するために選ぶ大胆な行動力。 そのギャップがとっても魅力的!

8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15baEc385d45 c2cb 46e3 8f59 0391e116e2b11a3e9a7a 0135 4ca7 a0c2 bd93a8eb424e7cb2fe22 6663 4f08 8097 a42776633299C48cb168 881e 4811 953d 7fc68f82b7f34ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b80090389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150f 22
業物語 (講談社BOX)

業物語 (講談社BOX) 西尾 維新

大好きなシリーズ。やっと読めた…。 キスショットに惚れて結構たったけどどの時系列の彼女もやはり美しい。あせろらボナペティはかなりお気に入りの話になりそう。西尾維新はたまらない。 2016-10-04

0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43f271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7153e266a4a 8906 4c5c aa33 c225f5bcd2d5
愚物語

愚物語 西尾維新

「愚かさ」を抱える3人の少女、老倉育・神原駿河・阿良々木月火の短編集。 特につきひアンドゥは、月火ちゃんの話と言いつつ斧乃木余接の語りによるもので私としてはとても楽しかった。なぜかっていうと斧乃木ちゃんの感情(と言えるのか定かではないが)が垣間見えるような描写は今までとても少なかったから。斧乃木ちゃんを第一に推す私としては喜ばしい限りである。表紙も斧乃木ちゃんだし。 それから、そだっちゃんが私に似ていてとてもとても苦しかった笑 全体的にそれぞれのキャラクター(性格的な意)をより知ることができたと思う。 2016-05-31

1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7151d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a28fd5da96 6779 4a7f ab97 ad5b1dd99abf
掟上今日子の挑戦状

掟上今日子の挑戦状 西尾維新

警部と今日子さんのからみ。 犯人と今日子さんの駆け引き。 今日子さんに振り回される、男側の視点がまどろっこしいけど、なんかわかる! 「頑張っている男性を見ながらお酒をいただくのが大好きなんですから。」 今日子さん、魔性すぎる…

Edc8b982 9f9b 48cb 9dd0 6f269739f443Fabecb0a b7da 43db 9d37 95e0240a5bf52582defb c040 49db 9347 fb01666c243e8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba730d7b32 5ee0 40b3 9b26 b35f4c48aefeAfd4955e 89c8 41af abf9 b4e98dad4f1bIcon user placeholder 22
偽物語(上)

偽物語(上) 西尾維新

ファイヤーシスターズとの格闘シーンは、ちょっとあり得ないなーという感じで読み飛ばしてしまいましたが、戦場ヶ原のツンデレの加減が抜群でした(笑)

0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43fIcon user placeholder271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7151ca2b8d7 ec1e 4b7c a8b6 5d847c93107bB537aa76 fc82 436c 94fd 2a26495086a7F0409bf2 8f74 489e a553 0ffd8c167a9fC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213 11
化物語(下)

化物語(下) 西尾維新

ひたぎとのエピソードがもっと読みたいところです。好きなキャラと好きになれないキャラがいるのは、戯言シリーズと同じ傾向です。こんだけ、キャラがぶっとんでるから、きっとみんな同じですよね。

Mg6eq le normal0a7bbab5 a8e7 4e57 a2a1 2a89ad4ac43f9e27f989 b258 446c a129 ee55fbe3596a8c98a23d ca9e 4be9 99fa 1c99e004e85aIcon user placeholder1ce66cef 5ab1 4469 822d 9998a22c10a3271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715 18