William Somerset Maughamの本

要約すると

要約すると サマセット・モーム

モームは月と六ペンスしか読んでないので、このひとのことあまり知らなかったのですが、劇作家だったんだすね。しかしモームが劇作を離れ、小説に戻ることにした動機、理由は、実はすごく共感できる。しかしこのひとはカッコイイ。奢らず謙虚で、正しくあろうとする。吃音があったから身の程をわきまえるように育ったんだ。

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選

ジゴロとジゴレット: モーム傑作選 サマセット・モーム

「物語」としての文学。モーム独特のユーモアとストーリーの面白さがぎっしり! この「ジゴロとジゴレット」は、新訳の短編8編収録で、モーム独特の「女性」の描き方が印象深い作品、そして、簡単に言えば「話の面白い」作品が多く収録されています。 ユーモアがあり、読後に「ほんと人間って仕方がない生き物だけど、そこがまた愛らしいところか。。」などと、微笑むことができるような作品が多いと感じます。 モームは「世界文学100選」の解題で、「短編小説とは、大昔に狩猟者が夜さんざん飲み食いした後、仲間たちとの退屈しのぎ、時間つぶしを目的に、耳にした不思議な話を、洞窟の火のまわりで話して聞かせるのがはじまりだったのではないか」と語っています。 例えば、子供が寝る前に「ねえ、お父さん、面白いお話きかせてよ~」といった時に、「そうだなあ、じゃあ。。」といって話してあげられるような、そんな「物語」としての「面白さ」が、モームの短編にはあると思います。(もちろん大人向けですが) モーム愛好家の私としては、この1冊に終わらず、他の作品も、新訳での発売を期待してしまいます!何しろ新潮文庫は昔、全14巻の短編集を発行していたのですから!

Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23822d1f0356 5dd5 4835 8219 936890c79c7b4e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf81412d874e80 aba5 4ea2 a3bb df5c21ff43086c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e05c1b05f0 62fe 4b7d a54a 2b164b088498 14
雨・赤毛

雨・赤毛 サマセット・モーム

やはり作者の気持ちと一緒になれるところかあって、雨とかは彼の南洋シリーズ(でしたっけ?)の代表作なのかなぁ、とにかく彼の目で感じ彼の肌で感じるような人間模様を感じることができたと思います。決して美しくない、むしろ醜い人の姿がリアリテイと共に肌に迫る感じがありますね。

B2800c38 e9b8 4ada be0b 85374fb62dfa22353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd74e99f068 ef0a 4b16 a58d 12701ddf8141Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaE16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac 14
月と六ペンス

月と六ペンス サマセット・モーム

雨読んだときは「思わせぶりで暗くて、イギリス小説ってやっぱり苦手かも…」と思ったけど、月と6ペンスはわかりやすくて文章も(翻訳も)素晴らしくて面白かった。展開もスリリングなんだけど文章の魅力で読ませるというか。モーム、もっと読もう(^◇^)‬

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c47078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f87892Icon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c77646c3a 3fb5 4f3b a3fc b66a68eb90389f07f1ed fea7 4553 b8ca d8123b7dc4fb 140
月と六ペンス

月と六ペンス ウィリアム・サマセット モーム

ゴーギャンを素材にした傑作とあり、読んでみました。 現実とは、違う部分もあったらしいですが、天才とか鬼才は、やはりこういう人達なのかな。と感じます。 改めて、ゴーギャンの作品を ゆっくり眺めて見たいと思いました。