小林多喜二の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11
独房・党生活者

独房・党生活者 小林多喜二

読了。荒俣宏が伊藤ヨシのズロースにつっこんだビラの話とかするから。しかし、死後発表されたのだが手の内バラして大丈夫だったのかなあという心配を今ごろしている。

蟹工船・党生活者

蟹工船・党生活者 小林多喜二

〈水夫と火夫がいなかったら、船は動かないんだ。労働者が働かねば、ビタ一文だって、金持ちの懐にゃ入らないんだ〉 日本プロレタリア文学の最高峰、ってのは買ってから知りました。恥ずかしや。 蟹工船は、チンチロやんないカイジ班長編。 ボロ切れのようにこき使われる労働者に、共産思想が雨のように染み込んでいきます。 人を人とも思わない労働環境!なんだか、「夜と霧」を思い出してしまいました。 多喜二さんは、29歳で拷問により亡くなられたそうです。時代ですね。

8c75041b 1a53 49fe aa9a b5039affa82aS8gep3uc normalD25f072a 912b 48af b103 ba3f4840968d56f1c0b7 f783 401e 98fb 8a65ec89fd2aEe29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e6238E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cddB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947 18