室生犀星の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc66 27
かげろうの日記遺文

かげろうの日記遺文 室生犀星

昼ドラは見たことないけれど、昼ドラってこんなかなと思った。 色好きな殿さまを巡る3人の姫の愛憎劇に固唾を飲む。女性の意見が聞きたい。

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11
蜜のあわれ

蜜のあわれ 室生犀星

映画化されると知って面白そうで読んでみました。室生犀星の作品初めて読んだけど、金魚とおじさんと幽霊という不思議な組合せが繰り出す素敵な世界感が好きです。 映画も見てみたいと思いました。

78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cceC46789a4 85cd 4a00 915e 64180de4e1b48817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe03d9ea32 f41a 4d92 a39a 4a90232192a3F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e81f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 10
杏っ子

杏っ子 室生犀星

犀星の自伝的小説。 文庫版だとその厚みに少々身構えるが、タイトルが細かく分かれていて、意外にサクサク読み進められる。 主人公・平四郎の生い立ちから、その娘・杏子の結婚生活を描いた長編。 平四郎という人物を通して、犀星の人生観や鋭敏な(時には純朴な)感覚を窺い知ることができる。 時おり、芥川龍之介や菊池寛が実名で登場するのも、文学好きとしては楽しい。 犀星ファンには堪らない一冊。

B2800c38 e9b8 4ada be0b 85374fb62dfaF5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8