司馬遼太郎の本

司馬遼太郎全集 (2) 風神の門

司馬遼太郎全集 (2) 風神の門 司馬遼太郎

才蔵さんがカッコイイ。初めて司馬遼太郎さん読んだけど描写とか知識がさすが!で、愛される理由がこんな素人でもすぐわかった。

街道をゆく (27)

街道をゆく (27) 司馬遼太郎

因幡・伯耆の旅に行くチャンスはありそうですが、檮原は死ぬまで行かないかもしれません。

八人との対話

八人との対話 司馬遼太郎

司馬さんは1992年にカズオ・イシグロさんの作品を紹介しています。私は先日のノーベル賞で知ったのに。

項羽と劉邦〈下〉

項羽と劉邦〈下〉 司馬遼太郎

秦が滅亡してから漢が誕生するまではこんなにあっという間だったのか。 天下を取る人望とは、決して完璧な人間ではなく、助けたいと思わせる人間だったとは。 食が不足するから大移動が起きて、大集団ができた。 中国の文化の歴史の深さとはそういうことか。 キングダム、三国志との時系列がやっと理解することができた。 そして、日本につながっていくのね。 コロナが収まったら、中国の史跡巡りに行きたい。

Cf34c2c6 0804 41a0 8c22 d1fa6319e1264ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Icon user placeholder406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e977li nku1 normalB07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef4169471e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f 15
ひとびとの跫音〈上〉

ひとびとの跫音〈上〉 司馬遼太郎

真面目な文章で、なのに笑ってしまう箇所が沢山ありました。 司馬さんの人間への愛情を感じる一冊やと思います

鬼謀の人

鬼謀の人 司馬遼太郎

面白い。 人斬り以蔵、喧嘩草雲、楽しく読めた。 アマゾンで買えて良かった。 バーコードすらない本でした。

歳月

歳月 司馬遼太郎

一連の新書を読んだので、久しぶりに書棚から出してみました。新書と反し司馬さんも西郷の征韓論者として描いています。

ビジネスエリートの新論語

ビジネスエリートの新論語 司馬遼太郎

デビュー前後のこの時代はまだあの司馬さんらしい文章が完成されていないと感じました。でもやはりよく学ばれ考えられた内容で面白かったです。

D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179fEe9def6f 327c 4ccf a0fa f25ecabd77dd