亀田俊和の本

観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い

観応の擾乱 - 室町幕府を二つに裂いた足利尊氏・直義兄弟の戦い 亀田俊和

日本史上にひっそりと佇む、「よくよく見ると非常に奇怪な内乱=観応の擾乱」を、その前後の戦乱の様相も含めて出来る限り詳しく紹介したのが本書。南北朝時代という、色々あり過ぎて語りづらい時代がここで、密かに大開帳されている。 とっつきやすい内容ではないけれど、足利尊氏-直義が日本各地で繰り広げた史上最大の兄弟喧嘩には、そこに絡みつく南朝、有力御家人と、衝撃的なダイナミックさで暴れ回る皇族武将とその同盟者たち…といったとんでもない脇役?が大勢いて、一体何のスマブラかと思った。全員が全員やりたい放題。このスケール感はちょっと独特なのではなかろうか。 この時代、アツいです…。

Icon user placeholderIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8355965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b
南朝の真実: 忠臣という幻想

南朝の真実: 忠臣という幻想 亀田俊和

義満の時代の南北朝合体以後も実は南朝の皇統は歴史の水面下で燻り続けていて、室町幕府の体制が揺らぐたびに浮上し、動乱の火種となっていたというお話。 後南朝テロのクライマックスは、前代未聞の三種の神器強奪事件"禁闕の変"。宮中に賊が押し入って三種の神器を盗んで逃亡とか、事実は小説よりも奇なりにも程がある。 嘉吉の変で足利義教を殺害して取り潰されていた赤松家が、散逸した神器を賊から取り返すことでお家の再興を遂げていたという話も面白い。