岸政彦の本

はじめての沖縄

はじめての沖縄 岸政彦

著者の岸政彦は沖縄を研究している社会学者だ。 話題となる著作もいくつかあり、メディア上で本人の語る沖縄の話が面白かったので、いつか著作をちゃんと読もうと思っていた。 たまたま、高崎の新刊書店Rebel booksで見つけて購入した。 著者の沖縄をめぐる自意識がヒリヒリと伝わってくる本だった。 それは“沖縄病”をわずらい、「沖縄らしさ」(例えば、沖縄の地域コミュニティの強さと言われるものとか)をめぐる議論に対して誠実に答えようとする姿勢からくるものだろうと思う。 「沖縄らしさ」を、例えば東京との相対的な位置付けとして語る時に言えることは、タイやフィリピンと比べた時に同じように言えるのだろうか?という疑問。 それは「立ち位置」によって都合よく「沖縄らしさ」を利用する事にもつながる。 「立ち位置」をどこに置いているのかと自問することは著者の出身が本土である以上考えざるを得ない部分だろうし、読んでいる自分もまたそうだろう。「ただ考え、そしてその考えたことについて書く、ということぐらいしかない」(本書24頁)と、その自問自答の試みがこの本だと思う。 著者は沖縄の研究、生活調査をしながらずっと自分の「立場性」を考え続けている。 どのように沖縄を語ろうとも、ある種の政治性からは逃れられない。 沖縄について基地問題や貧困のような弱い立場を強調して語ることも、逆に多様さやしたたかさをそれに対するアンチとして保守派が語ることも、さらには語らないことも、その政治的立ち位置の問題を回避するために「『沖縄とはどういうところだと語られてきたか』をみる…結局のところそれは、沖縄そのものについて語る『責任』を回避しているのだ…それもまた、とても政治的な選択である」(本書240頁)。 著者は、硬く言えば「責任」を引き受けているから考え続けているのだろう。 この最後の章、「境界線を抱いて」というタイトルとその内容は以前読んだ『うしろめたさの人類学』(ミシマ社、松村圭一郎著)にも通じる。 『うしろめたさ〜』は断絶された境界のこちら側(日本)と向こう側(エチオピア)を構築人類学という手法で断絶を飛び越える可能性を探っていた。 日本本土と沖縄の断絶、どこに断絶があるかと言えば、その非対称な関係にある事が考慮されなければならないという。 日本本土と沖縄にある非対称な関係、基地問題や貧困、地位協定のような大きな話の中での非対称な構図だ。 一方でそれらも利用しながら多様でたくましく生きる生活者の小さな話もある。 大きな話と小さな話を結び付けるように語る、その試みが本書にはいくつもある。時々挿入される写真もそうした試みの一部なのかなと思わされる。 そういう読者の立場を揺さぶられる、非対称な場としての「沖縄」を考える為の入門書なのかもしれない。 興味深い指摘や語りも多かった。 例えば、本土復帰までの景気の良さに関する話はその一つだ。 「復帰前の沖縄の失業率は、一~二%と、きわめて低い水準で推移していた。経済成長率も毎年九%前後で、日本本土に比べて遜色がなかった…この成長をもたらしたのは…基本的には沖縄の人びとによる個人消費と民間設備投資と住宅投資だった」(本書108頁) こちら側(日本本土)と向こう側(沖縄)の二元論にならない、新しい語りを模索する著者の試みを今後も読みたい。 相対的に生まれる「沖縄らしさ」だけではなく、生活者から見える「歴史と構造」から出てくる「沖縄らしさ」を。 「いまだ発明されていない、沖縄の新しい語り方が存在するはずだ」(本書249頁)とあるように。 ところで、本書を機に「沖縄の、あるいは『マイノリティ』と呼ばれる存在のことについて、あるいはまた、境界線そのものについて考えるきっかけにしてもらえたら」(本書25頁)と冒頭にあった。だから、自分の中にひっかかった本を引き合いに出してみる。 『あのころのパラオをさがして』(集英社、寺尾沙穂著)というパラオの日本統治時代を暮らした人々のルポルタージュがある。 そこには、パラオの人々にとっての日本に対する親日的と単純化できない愛憎がでてくる。 日本本土からパラオに来た人、沖縄から来た人、朝鮮半島出身者というパラオ内でのヒエラルキーがあったという話もあった。『マイノリティ』や境界線はパラオでも引かれ直されたのだ。日本から遠く離れた南洋の「楽園」でも。 他にも経済的な部分について興味深かったのが『パラオ人主体で仕事を作り出す仕組みがまず必要。パラオで稼いだお金をパラオに落とす仕組みがね。与えられるというのは搾取されることなの』(上掲書93頁)というセリフがでてきたところだ。これも沖縄にもきっと通じることなのだろうと思う。

C14a222d 4ee3 4cd6 8319 3a96672a58695cc4c863 6d4a 4e8c 8fd1 236841283cd69caf742c 2836 4270 9538 d4a9b6538b16F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372997ef263 9049 4e36 b3f0 4b584fe58192Picture 12
atプラス28

atプラス28 岸政彦

岸政彦さんの断片的なものの社会学がとてもおもしろかったので、読んでみました。知識として日本の貧困化については知っていたけど、本を読んで昔から根深い差別や地域の差などを実感。

街の人生

街の人生 岸政彦

居てもいい、のではなく、居るのだ。

0a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21Icon user placeholder145a8870 9643 414c aa71 ed25b4e6ca77Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132611ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5 21
ビニール傘

ビニール傘 岸政彦

大阪が滅びても滅びなくても、どっちにしても2人っきりしかいないんだな。

Bfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca92Icon user placeholder0afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c00c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedae36dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3 29
愛と欲望の雑談

愛と欲望の雑談 雨宮まみ

死ぬ間際にでもならないと、家族への愛情って言葉にしないんじゃないか。に対して、今親が生きているうちに感謝の言葉を述べることが大事なのは分かっているが、なにか心理的なものがそれを拒む。社会学的に介入するのであれば、親に感謝の言葉を言う大事さというより、どうしたら親に今感謝の言葉を言うことが出来るのかを伝えることだ。90年代は、ヤってる人がチヤホヤされた。でもいまは、そんな事ない社会へシフトされた。これにも社会学的介入できる。カフェでトイレにパソコン持っていくか。日本人は、マナーが良くて安心できるが、一般的な他者に対する信頼は低い。犠牲者非難。

Icon user placeholder4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d226c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668Icon user placeholder5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7b4d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871326b2f4708 df5d 4b01 9c0b e3293a756f6f 31
現代思想 2016年1月号 特集=ポスト現代思想

現代思想 2016年1月号 特集=ポスト現代思想 千葉雅也

仲山ひふみ「聴くことの絶滅に向かって」が熱い!イディオムに抗う身振り自体がイディオム化してあなたを規定し始める。そこではいかなる自由が可能なのか?自らを絶えず更新したいと願う行為者の思考を起爆する論考!

断片的なものの社会学

断片的なものの社会学 岸政彦

広い地球で、この瞬間にこの場所でこの私によって拾われたこの石。そのかげかえなさと無意味さに、いつまでも震えるほど感動してた。私たちが毎日かわしている何気ない会話は、エリックドルフィーが音楽について述べたのと同じように、空気の中に消えていって二度と戻ってはこない。誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない。四角い紙の本は、それがそのまま、外の世界に向かって開いている四角い窓だ。よそもの。みんな楽しそうなフリをしているが、ほんとうは苦手なはずだと思う。でもせっかく沖縄に来ているのだから楽しまないとという、真面目な気持ちでやっているのだろう。私たちは、遠い人たちに冷酷で、近い人たちに弱い。人間の性は、ある人やものの痛さや思いを想像してやれること。

E51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a9f9b848f 3cf4 4d89 a43f 1a3dba9878f04207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22293f1ef3 b048 4310 8d10 504c88a273e96db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb00912df172d 2fc8 4ebc a05f 8c32465ae3bc5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b 180