加藤諦三の本

メンヘラの精神構造

メンヘラの精神構造 加藤諦三

世の中一般の流行り言葉「メンヘラ」は「ナルシシスト」であり、その精神構造を解いた本。新書としては文章に脈絡がなさすぎて「これ編集者ついて校正とかしてるの?」という出来だけど、書いてること自体は面白い。 読めば読むほど、「この人の解釈の仕方や気持ちの揺れ動きはちょっとやばいな」と感じた自分の周りのあの人たちはナルシシストだったのだ、と気付かされる。 (昔の彼女の母親W、会社の先輩S、斜め上の部長A…ホチキスの7つの大罪に恐ろしいほど当てはまる。) と同時に自分の中にもナルシシズムが潜んでいる可能性は否定できない。

Vsfjjy2k normalIcon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
「自分の働き方」に気づく心理学

「自分の働き方」に気づく心理学 加藤諦三

心理学の本というよりは、様々な人の人生エッセイを読んだという感じ。内容の割にボリューミーな本だった気がする。内容的に印象に残ったのは、「職業に貴賎はない。」「自分を知って目的をもって働くことが大事。」日本はそれを見失うような社会だよね。悲しいかな。自分も省みないとですね。

2f0f0204 9e76 42c6 950a 6b37362f02859c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd90ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4beb
自信

自信 加藤諦三

「自信」ってなに? 手厳しい本ですが、自信に悩むひとにオススメです。とてもたくさんマーカーと付箋をつけました

「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな

「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな 加藤諦三

誰でも知ってる『人間は神ではない』ということから生まれてくる結果については、案外人々は鈍感である。 自分が自分であることのできない者は、身近な人間に対しても、その人がその人であることを禁じる。 自分が不幸な時、どのように努力しても結局、身近なものを不幸にしてしまう可能性は大変多い。

感情を出したほうが好かれる

感情を出したほうが好かれる 加藤諦三

すごい本を読んだ。 心理学者であり早稲田大学 名誉教授、加藤諦三(たいぞう)先生の著書 『感情を出したほうが好かれる』。 まずこの直球ストレートのタイトルにグサっ! 読み始めて1ページ目、『人間の大きさとか深さとかいうものはどこで決まり、どこで出てくるのであろうか?それは人生の重荷をどこまで広く背負ったかということで決まるのではないだろうか』にギャッとなり。 『不安から名誉を求める人はどこまでいっても安心することができない。いつも追われている。いつも焦っている。(edit)名誉はいわば公務である。心のやすらぎはいわば私的生活の問題である。心のやすらぎは心と心のるれあいから生まれる』 なーるーほーどーーーと唸ってしまった。 加藤先生の著者は好きで何冊か読んでいますが、これは特に感銘を受けました。自分の人生に時期により、影響を受ける文章がいろいろありそう。一生、付き合う本になりそうです。

42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd66732a23b5d1 77b0 487f a863 c894069fb47a6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b54bbbcfb dc52 4716 8e7b a97f55abaacc9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c317268cb9 58bd 41e1 9a77 1c0d711ed5ca
「自分の心」をしっかり守る方法

「自分の心」をしっかり守る方法 加藤諦三

あきらめたり、ゆるしたり それでもモヤモヤするのは 「感謝」が足りないからだったのか 苦しみや憎しみから抜け出すには「感謝の気持ち」を持つ あたりまえのことから生きる意味を感じる、感謝する

眠れない人のための心理学

眠れない人のための心理学 加藤諦三

怒れない人の心理のメモをここに。自分の心が傷ついたら俺は抑制するタイプ。それがどんどん溜まる。本来は母親が満たしてくれる欲求が多い。中には、その母親からすら満たされない場合の人もいる。俺はそういう意味では、本当に母からの愛情によって育ったなとおもう。隠れたる憎悪は鬱病となって現れる。中産階層の人の方がノイローゼになるのは、労働者階層の人の方が怒りを表現できるから。

99354e61 4d30 4c31 a1b8 7e53f20a42ad05430eca 6775 4351 bbd2 02354df9ab6745c4d916 4b4e 4024 88ce c984e0ef795cFd313cad da9f 45e7 a5ad e1916b068a24Icon user placeholder117005e8 8dd7 4b8b ad91 bcd32b50b404
悩まずにはいられない人

悩まずにはいられない人 加藤諦三

心のネガティブの働き(悩むこと)の根源が怒りだという。怒りの表現として悩むのである。 不幸やコンプレックスと付き合いが長くなればなるほど、それがなくなると辛くなる。心が適応してしまうからだろう。 うつ、依存、みじめ、ネガティブ、後悔に悩まされている人が読むといいかもしれない。 文章が特徴的。

自分を許す心理学

自分を許す心理学 加藤諦三

読むのにすごく時間がかかってしまった。なぜだろうと考えたら、いちいち自分の過去のできごとを想起させられたからだと思った。 この本は同じようなことが繰り返し書かれていると感じた。 自分を愛するか?憎み続けるか?まずは憎んでいることを認識すること。次に大事なことは選択、というか決意することかもしれない。

大学で何を学ぶか

大学で何を学ぶか 加藤諦三

大学生の方はぜひ読んでほしい。 大学生でなくても読めます。今後の人生を見直すきっかけになる本です。

A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a1eace5d8 9cda 48ab 8a74 c379bfe7d341B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d555835a67 3b1f 41cf bd64 5485196d434c66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c86477021d 857c 4384 a539 f3aeeea7d3b4 10