ピエール・ルメートルの本

傷だらけのカミーユ

傷だらけのカミーユ ピエール・ルメートル

その女アレックスを読んで引き込まれて、悲しみのイレーヌでの衝撃を受けて、本作を読んだ。タイトル通りの傷だらけのカミーユが本作でどうなるか気になった。ストーリーは期待を裏切らなかった。これで終わりなのは残念だ。

Fbc85097 9725 44aa 9fd2 02e2305729f56abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455fCb81cf0a a26d 4ed4 9e1f 09e821a81af400a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9201a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e466b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a177f29de c939 4c61 a609 88229e86216d 22
死のドレスを花婿に

死のドレスを花婿に ピエール・ルメートル

個人的には、「その女、アレックス」よりこちらの方が好きです。 物語の進行のテンポのよさのおかげでサクサク読みめられ、一日で読み上げました。結末も文句ない出来で、読後の爽快感があります。 正直、今まで読んだミステリーで一番好きです。この本がきっかけでピエール・ルメートルの他の作品も新作(邦訳)が出るたびチェックするようになりました。

84ac3516 681a 499d 89fe 28aa9c318c10Cb81cf0a a26d 4ed4 9e1f 09e821a81af42e2f973f b11b 4762 aefc cd7ed2366c0f084e32c1 21fe 4819 8f15 913fa7d035d666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aE7e4c837 a83a 4e00 910f c1e1ee9acffa9f8b0744 4508 4066 b19f ec23d54bb703 20