古市幸雄の本

「1日30分」を続けなさい!

「1日30分」を続けなさい! 古市幸雄

プライムリーディングに入っていたので、読んでみました。少し前の本ですが、コンセプトは現代でも有効だと思います。 人間の集中力は長くは続かないので、30分だけやる。短くても毎日続ければ、チリツモになる。 アマゾンプライム入ってる方はチェックしてみましょう。

Icon user placeholder0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34
「1日30分」を続けなさい!Kindle版: 人生勝利の勉強法55

「1日30分」を続けなさい!Kindle版: 人生勝利の勉強法55 古市幸雄

まずは、習慣を作ることからはじまる。 1日30分簡単そうで難しい。 けど、ワクワクした人生を歩むために 日々の成長を大切にしたいとおもった。 ・勉強したいと思った時が勉強意欲が一番高い時。 ・効率の良い学習方法 ある項目を学習する →この勉強の 1週間後に復習する →最初の復習から 2週間後に 2回目の復習をする → 2回目の復習後 1カ月以内に 3回目の復習をする ・勉強の成果はすぐにでない ・本は全て買う ・自己投資は必ず数年後に自分に返ってくる ・テレビを見ないと 、 1年間で約 2カ月分の時間を捻出できる 。 ・会社には勉強のツ ールがすべて揃っている 。 3 0分 ~ 1時間早く出社して勉強しよう 。喫茶店も勉強空間になる 。 ・片道 4 5分の通勤時間を勉強に充てれば 、年間 4 0 0時間の勉強時間が捻出できる 。 ・移動時間帯 (車 ・徒歩 )には 、ながら勉強をする 。 ・生活習慣を朝型にして 、朝に勉強したほうが効率的 。 ・「短時間勉強 ( 3 0分 ) →休憩 ( 1 5分 ) 」のサイクルを 1セットとして 、 2 ~ 3セット繰り返すのが基本 。集中力がとぎれて勉強がイヤになる前に中断するのがコツ 。 ・長時間勉強を続けていて 「集中力が落ちてきた 」 「飽きてきた 」と感じ始めたら 、即刻勉強を中止すること 。長期間勉強を続けていて 「最近は勉強する気にならない 」 「気分が乗らない 」という時期がきたら 、 2 ~ 3日まったく勉強に手を付けないこと 。 ・計画や目標が明確な人は <振り子の原理 >で自然とまた意欲が湧いてくる 。 ・勉強は早めに勉強を始めること 。 ・その期間は 、対策勉強のみに集中した活動をすること 。対策勉強と関係ない活動は極力省く 。平日 3時間以上 、休日 8時間以上の勉強が必要 。 ・長期計画型の場合 、 「 1日の量としては少ないかな 」くらいの勉強量に抑えて 、これをほぼ毎日続けることがコツ 。結果的には勉強の蓄積量が増える 。 ・勉強中は孤独なもの 。孤独に耐えるには 、勉強する理由や目的をきちんと設定すること 。 ・英語を大半の受講者には平日 2時間から 3時間 、休日には 3時間程度英語の学習 ・英語 (英会話 )がなかなか習得できないのは 、必要な勉強の質がずれているから 。ネイティブは 、試験に出るような 、小難しい表現や回りくどい言い方 、難しい単語はほとんど使わない 。 ・英会話学校に通っても英会話がなかなか上達しないのは 、勉強量が圧倒的に少ないから 。 ・英会話の上達には 、ネイティブが多用するフレ ーズを丸暗記することがおすすめ 。ドラマフレンズがおすすめ! ・リスニングの上達には 、基本フレ ーズの暗記 、リスニング &シ ーイング 、正しい発音の習得 、音の調整の知識が必要 。 ・リ ーディングの上達には 、英文を毎日 3 0分程度 、素早く読むことを続けるといい 。 ・英作文の上達には 、実際に英文を書いて指導者に添削してもらうしかない 。 ・英語をモノにするための目標とすべき年間英語勉強量は 1 0 0 0時間 。最低でも 7 5 0時間は必要 ・果物 ・野菜ご飯 ・パンなどの炭水化物肉 ・魚 、豆類などのタンパク質 4食品に分類しています 。 ✦果物は人間の体にとって消化済みの食べ物 。よって 、消化の作業を必要とせず 、 2 0分程度で小腸に送り出される 。 ✦野菜は胃の消化液を必要としない 。よって 、消化器官の中が中性 、酸性 、アルカリ性でも分解が可能 。消化までは約 3時間が必要 。 ✦ご飯などの炭水化物を消化する場合は 、アルカリ性の胃液で消化する 。 ✦肉などのタンパク質を消化する際は 、酸性の胃液で消化する 。 ・体には 2 4時間周期のリズムがある 正午 〜午後 8時 ー摂取 (食べることと消化 ) 午後 8時 〜午前 4時 ー同化 (吸収と利用 ) 午前 4時 〜正午 ー排泄 (体の老廃物と食物カスの排泄) ・食事は勉強の効率を下げる敵 。対策は 、一度にたくさん食べない 、よく噛んで食べる 、食後すぐには勉強しない 、野菜とご飯中心の食事にする 、など 。 ・朝 ~正午は果物だけを食べる 、正午 ~午後 8時は 「野菜 +ご飯 」 「野菜 +たんぱく質 」を食べるという食習慣がおすすめ 。食後 1 0分で勉強や仕事に取り掛かれる 。 ・勉強効率を上げるためにも 、覚えたことを記憶として定着させるためにも 、睡眠は重要 。理想の睡眠は 7時間半 、最低でも 6時間は必要 。 ・寝起きに熱めのシャワ ーを浴びると 、起床後 、比較的短時間で頭をフル回転させられる 。 ・勉強時間と休憩時間のメリハリにタイマ ーを利用して 、集中力を維持する 。 ・外での勉強には 、耳栓と A 4クリップボ ードが武器になる 。 ・机より椅子に金をかけよ 。ハ ーマンミラ ー 「ア ーロンチェア (フル装備 ) 」がおすすめ 。 ・椅子 →照明 →机の順番に投資をするのが 、費用対効果が一番高い 。 ・「 1日 3 0分 」の勉強を続けると 、年間 3 0 0日で 1 5 0時間 、 5年で 7 5 0時間 、 1 0年で 1 5 0 0時間の勉強量になります 。 1日の実質活動時間 1 7時間で割るとそれぞれ 、丸 9日 、 4 4日 、 8 8日も勉強したことになります 。

81b74116 a2a1 46ad ad5b 012097e63f6235ef7240 1be3 4fe1 a92f 60c57c3ba084