貴志祐介の本

ミステリークロック

ミステリークロック 貴志祐介

シリーズ4作目 毎度毎度の見事な推理を披露する榎本さん 賢いけどクールというかなんというか 頭の中では 毎回嵐の大野智さんの顔なんだけどね 最初の「ゆるやかな自殺」以外 トリックがわかったようなわからんかったような感じ ちょっと専門的なことを言われると 説明されても頭に浮かばなくて 想像できないから わかったフリ

59620700 d847 4696 93b0 08c2bc2a7592E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59Ede48896 9075 4d84 b1c1 5d6b65178416799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c5674867c8fa 8635 419c 95d7 68fb55ecd71d 11
黒い家

黒い家 貴志祐介

★★★★☆ 怖かったけど面白くて一気に読めました。

Icon user placeholderDcce5bdd aaac 451a b2a1 6f5cf33500b90539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31
鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋 貴志祐介

2018年12冊目。開けっ放しの扉とか、ガタついているドアとか、そういうの見ると、榎本さんに侵入されちゃいそう…。って思うようになりました。/ 201801

99b7aad0 46c5 4009 abde 19a783a1bcd1Da69240f 20b1 4405 89b6 e5f64e83855e0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d063e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b7c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4 14
悪の教典 上

悪の教典 上 貴志祐介

ジリジリと分かってくる本性。サイコパス...本当に居るのだろうか。と思ってしまう。問題解決の仕方が他と違うだけ。

933b0eef 7e1c 46c9 b350 04bb7f8335acC8ffdf0d 7e2f 4a7d 8859 4a482a89391063b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc30269c714761 bde6 48d2 b97c a526de792ec26f7eed3c ca04 4a06 b7e4 e6dd9422429c2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79e 36
鍵のかかった部屋<「防犯探偵・榎本」シリーズ>

鍵のかかった部屋<「防犯探偵・榎本」シリーズ> 貴志祐介

ドラマ化してたから前読んだ。 登場人物の会話がすごく面白いし、事件の解明まで胸をドキドキさせて読みました。 ドラマとは違う感覚で、よかった。 理解能力の欠けた自分でも、よくわかりました!

75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10
新世界より(上)

新世界より(上) 貴志祐介

ディストピアとか管理社会という言葉をよく分かってなくても読んだときに感じる違和感が気持ち悪かった。

Icon user placeholder75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d61afe3c6c 7e71 4ba5 81a8 d77b00d64805B3c57eee dcb4 44bd a5b7 f281d6e581488778fc31 960d 4a23 bab0 2bd7ae35822156433106 7d66 4e51 b124 3b1fb4cc632b2cfb4cb0 4aa9 4224 8d5b 59bd1c2602f2 10
ダークゾーン

ダークゾーン 貴志祐介

将棋をテーマにした心理戦。やっぱ頭いいわ。映画化したらおもしろそうだけど、登場人物の心理描写を表現するには時間が足らなそう。

Ed8734f2 e89c 4301 9e99 5d7bb5d377539b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dB8d7b272 5021 4f47 9383 83b28672d0b9
新世界より (下)

新世界より (下) 貴志祐介

(上)を読んでから、長いのでやめようかと思ったのですが、やはり、オチが気になって続きを…。 読み終えたら疲れた。

Icon user placeholder092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f99b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d70279284 b215 4791 8426 564dc09ca2c53c0f0b21 eadf 48ec 9c9f 86db195c5f43B8d7b272 5021 4f47 9383 83b28672d0b9
悪の教典〈下〉

悪の教典〈下〉 貴志祐介

ハスミンいいね。 このあきらめない姿勢がいい。 自分一人で解決しようとする姿勢に感動を覚える。

99b7aad0 46c5 4009 abde 19a783a1bcd1C8ffdf0d 7e2f 4a7d 8859 4a482a8939109c714761 bde6 48d2 b97c a526de792ec26f7eed3c ca04 4a06 b7e4 e6dd9422429cIcon user placeholder49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf92af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90 61
極悪鳥になる夢を見る

極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介

黒い家、青い炎、クリムゾンの迷宮、、、と読んで行く内に「この人の書いた本なら外れはない!」と決めつけこのエッセイ集も買っちゃいました笑 知性によってユーモアって成り立つんだなあと改めて思いました。

Ede48896 9075 4d84 b1c1 5d6b651784169b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
悪の教典 下

悪の教典 下 貴志祐介

時間がないと言いつつはまってしまい2日で読了。 犯人の動かぬ証拠はほんとに些細なもので自分も全く気づかなくてびっくりという感じ。 んーでも最期すっきりとは個人的にはいかなかった。どちらかといえば、ねっとりと濃ゆい話だと思う。

933b0eef 7e1c 46c9 b350 04bb7f8335ac2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a12174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2270fc612 e9fa 461b b35b 4957e286e1f203db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bb0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 15
エンタテインメントの作り方

エンタテインメントの作り方 貴志祐介

小説を生み出す方法論を具体例を基にわかりやすく紐解いている。 アイデアの発想、プロットの構成、キャラクター論など、小説の内面を垣間見れる興味深い内容。 小説を書くうえで参考になるのはもちろん、読むときにもまたひとつ違った視点をもたらしてくれる一助となる本。

新世界より(中)

新世界より(中) 貴志祐介

とにかく設定がお見事です。未来の人間社会だけでなく、付属設定のように考えていた八丁標の外の生態系に、そんな秘密があるなんて。バケネズミの動向からも目が離せません。 魅力的な登場人物、世界観、そして章末ごとに仄めかされる伏線、そのどれもがこの先どう予想を越えていくか、想像するだけでわくわくします!

V2gx2q3c normal5b52e9c6 6002 4761 9087 577488f39c695ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b2d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a1A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be506986Icon user placeholder8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e 56
新世界より (上)

新世界より (上) 貴志祐介

私には、理解するのに時間のかかる設定でした。ファンタジー、ホラー、グロテスク。と、なかなか読み応えがありました。(上)では、ほとんど世界観の説明では有りますが、結局気になって(下)も、読んでしまった。

2f03f0ee 01e5 488f a672 739879ca62123c469169 7575 44db b7fb 215a7848a51c9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d86aee25b 8baf 4af9 8858 0f96397fe6765838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf98270279284 b215 4791 8426 564dc09ca2c5F25a5269 4ca0 4eea ae76 7c3aaf481c65 10
青の炎

青の炎 貴志祐介

罪を犯したからには償わなければならない。でも、なぜその罪を犯したのかを考えるとやるせない気持ちになる。 最後まで主人公は自分のことを考えられなかったのが悲しい。

V2gx2q3c normal5b52e9c6 6002 4761 9087 577488f39c69Icon user placeholderIcon user placeholder1a105b81 789f 410b ab39 4f59745bd3ce4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce582174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52 63
悪の教典〈上〉

悪の教典〈上〉 貴志祐介

新世界よりが、とっても良かったので読んでみました。 なるほど、おもしろいかも。 下巻が楽しみです。

99b7aad0 46c5 4009 abde 19a783a1bcd1Icon user placeholder387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fIcon user placeholder49448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf9Icon user placeholder31e6f918 5815 4f2b 83bb 2b1fb3a8208d 71