伊丹十三の本

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集

ぼくの伯父さん 単行本未収録エッセイ集 伊丹十三

「自分を愛するというのは、自分にかまけることじゃなくて、自分に関してはもう安心なんだから放っておいていいや、という境地が貴いわけで、そのためには、やはり幼年時代は溢れるような愛情に包まれて育つのが望ましい。」

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50Icon user placeholder9e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6ddEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholder
「お葬式」日記

「お葬式」日記 伊丹十三

伊丹作品好きなら是非! キャスティング、ロケハン、編集、資金繰り、全部描いてます、読むと映画本編もまた違った味で楽しめます。

日本世間噺大系

日本世間噺大系 伊丹十三

2016.03.15 「ヨーロッパ退屈日記」や「女たちよ」と傑作エッセイを読んだが、これは一味違う。半分はエッセイだか、後半はルポまで固くなく、農家、タクシーの運転手、皇族関係者、ずさんな工事による水質汚染による被害者などなど、様々な人の談話が「世間話」として書かれてる。この辺から伊丹氏の世の中の裏を暴く記者的な魂が表れたのか、とても読み応えがある。

D35ada05 a5f9 45bf a942 9f80b53723b65fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dcDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f
問いつめられたパパとママの本

問いつめられたパパとママの本 伊丹十三

この本の内容を全部頭に入れられたら素敵だなあって思いながら読んでいる。子どもだけじゃなく大人が知っていてもちょっと役に立ちそうな科学的雑学。

5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9556c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea7515e8ae 2769 4610 a6ac 15af3a79b4cdDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f8886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d718697 14
アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!! 阿川佐和子

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850817d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a6416b8ee f371 4dd1 a2ea 8c6d12d95a36
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

Icon user placeholderA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 9
ヨーロッパ退屈日記

ヨーロッパ退屈日記 伊丹十三

2016.01.26 ブルジョワボンボンの自慢話あるいはウンチク話。しかし面白いんだなこれが。笑

9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa78a7dfc1 f855 4e0a 83b3 fbcd0fd71c5d87aad2ed 3714 49bb a30a efd3df7dc8572fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f9Dd5ca595 d57d 4f7d 8855 2a9d625dd545Icon user placeholder43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d 14
女たちよ!

女たちよ! 伊丹十三

読んで早速、スパゲッティ・アル・ブーロを作りました。今の時代においても、この本に出てくる「本格」なものには特別感や憧れを感じてしまいます。

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bIcon user placeholderB7db26cc cd61 4692 a67a 480ac9f12f723541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50Dd5ca595 d57d 4f7d 8855 2a9d625dd545Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca14133d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 23
ヨーロッパ退屈日記

ヨーロッパ退屈日記 伊丹十三

この作品が今なお色褪せないのは、なぜそれが良いかという所の真理をきちんと書いてくれているからだと思います。 著者のセンスに憧れて、真似してみたいことは沢山あるけど、自分がやった途端ミドルクラスになりそうで。

4554d133 c9f4 46fc b85e f81dcb73b189978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c22feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Icon user placeholderGqejsx n normalUrv34hpr normalIcon user placeholder 47