秋山瑞人の本

鉄コミュニケイション〈1〉ハルカとイーヴァ

鉄コミュニケイション〈1〉ハルカとイーヴァ 秋山瑞人

人工知能と人間との関係性が抜群に描かれている作品。人工知能が人間と同じではなく人工知能として描かれつつ人間くさい。原作をしっていなくても十分楽しめる名作。手に入りにくいのが難点。

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 〈02〉

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 〈02〉 秋山瑞人

秋山瑞人の中華ファンタジー第二弾。 ようやくお話が動き始めたかな、というところか。まだまだ先は長そう。 殺陣と描写の迫真感がすごくて、やはりこの作家の筆力は半端じゃないことがよくわかる一作。この人が、作品量産できないのは本当にもったいない。 前作から四年。ようやく続きが出たかと思ったらその後、7年放置。。。遅筆作家として名高い秋山瑞人にしても、この放置期間の長さはひどすぎる。。。

E.G.コンバット

E.G.コンバット 秋山瑞人

10年でも20年でも最終巻を待ち続ける、待ち続けられる名作。 でも、ほんとそろそろ出してください、E.G.F

猫の地球儀 焔の章<猫の地球儀>

猫の地球儀 焔の章<猫の地球儀> 秋山瑞人

人類絶滅後、知性を獲得するに至った、宇宙で暮らす猫たちの物語。 登場する猫たちが皆、愛らしくて格好いい。 猫たちをサポートする、人型ロボットたちの献身が地味に泣ける。「はれるでしょう」で涙腺決壊する。 きちんと完結している貴重な秋山作品でもある。

2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e03f9fe39 6392 4de9 9cd0 258e0f3abeb4
龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉

龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 秋山瑞人

秋山瑞人描くところの中華ファンタジー。 見てきたような嘘をつく力はさすがに秋山瑞人。相変わらず物凄く上手い。空気の臭い。街の喧噪。光と陰のコントラスト。いきなり異世界へと読者を呼び込む筆力が凄いよね。

F2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a69f8ed6e0 978e 44f8 b53e 907af86b9aad