吉本ばななの本

すべての始まり

すべての始まり 吉本ばなな

メルマガをまとめたもの。もちろん今までもエッセイなども読んではいたけど、元々有料のメルマガだからか「え!そんな事があったなんて!」等、びっくりする事も書かれていた。途中お腹も空きます。

「違うこと」をしないこと

「違うこと」をしないこと 吉本ばなな

少しスピリチュアルで付いていくのが難しい部分もあるが、文章のところどころに共感できて心にスッと入ってくる生きていく上での知恵が入ってる 「やっぱり、一番厄介なのって愛情のある人じゃないですか。周りの愛情や気遣いが、人間をちょっとずつ蝕んでいくこともある」 「特定の人物の特定のかたちの愛情が注がれないと自分は癒されないみたいな思い込みを多くの人が持っている」 「今がどんな状況であれ、自分でわ選んで生まれてきたんだっていうことは、大事かもね。じゃないと、人のせいにする一生になっちゃう」

76fef2e4 d7c1 41d1 ac40 1ed7fcd21f1a86f929b1 a592 44d0 a12d 053de66d983eAa92e1ad 14e6 4bf5 9dbb 2567a75ff696F11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafaIcon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c93918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b 41
とかげ

とかげ 吉本ばなな

再読。短編集。 「どうしてもどうしてもさわりたくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様。」この文章に子供ながらにぐっとつかまれた。

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholderA6993cd7 c8b3 434b 93f0 c5eaa2bda1f5F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8
吹上奇譚 第一話 ミミとこだち

吹上奇譚 第一話 ミミとこだち 吉本ばなな

読み始め「ミミ」のセリフを片言で読んでいる自分にびっくり。魔法? 不思議な街の不思議な物語なんだけれど、不思議な街だから不思議じゃないよね。と、ストンと胸に落ちてきました。何処にでもいる不器用な人達は、不思議な街ではもっと色んな事を考えなくてはならないんだけど、不思議な力はチョット羨ましかった。 設定の土台がしっかりしているので、私も住民になれそうな気がする。少し怖いけど。 これからの、吹上の人達のお話が楽しみです。

51719c79 83ea 4338 b822 8cdc3aa5e4942637fba2 d3a0 401d a560 7c3216b57dd2Icon user placeholder4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac575555e2 7411 491a aef7 901f8c6cc82589e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 16
下北沢について

下北沢について 吉本ばなな

「…たり、ひまになるとこわくてなにか仕事をしてしまうような人生ではなんのために生きているのかわからないから、一刻も早く改善に向けて動いたほうがいい」 さて私はどこで生きていくんだろう

B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0488c9685 faf0 4507 af33 ff2533d9327034ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6007895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d3364472bf85 fa11 418d a9cd ba52606422e5
ムーンライト・シャドウ

ムーンライト・シャドウ 吉本ばなな

女にとっては彼、男にとっては兄を失った2人の話。 感受性が強い人間にとって人生なんてのは大体のことは苦悩である。しかし楽しいことや心から幸福なことだって確実にあるんだ。生きてる限り希望の灯は大小変化はあれど絶対に消えない。 前向きなストロベリーショートケーキ。(超短編)

ふなふな船橋

ふなふな船橋 吉本ばなな

自分を支えてくれる存在には確かな力がある。 その力を信じられるからこそ、物語を読むんだろうな〜

755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d589e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e3fc27f11 5354 421a ab74 2e2dff6172f0
吹上奇譚 第二話 どんぶり

吹上奇譚 第二話 どんぶり 吉本ばなな

[第一話]の世界観そのままに、仲良くなった人たちとミミが描かれています。 読んでるうちにすっかり身体に馴染んでしまう吹上町の空気。 根拠なくミミに賛同してしまう自分がいます。 あ、ママの親子丼食べたい! 「哲学ホラー」とのこと。何故、何でもかんでも名札つけちゃうのかなぁ。 次回新刊[第三話ざしきわらし]楽しみです。 是非[第一話]から、吹上町にお越しください。

8424ff58 6f3b 4fbc ab8b 5d1df084f564687209d1 a652 4449 946e 049464bfe93989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f7
切なくそして幸せな、タピオカの夢

切なくそして幸せな、タピオカの夢 吉本ばなな

元々は台湾で出版された本で、のちに日本版が出た逆輸入のような本。吉本ばななさんのエッセイに台湾人のイラストレーターが絵をつけ、絵本のような仕上がりになっています。ステキな表紙が表示されないのが残念。←と思ったら表示されました!

7557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f345566caf9bf 6223 40e6 b36e 71953450cae9A7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de40b85141d b15f 4e39 a571 e322d99afa39Ddac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf253Icon user placeholderDcf0e6c6 9812 49c5 a97d 5878b19df52a 12
ことばを生み出す三角宇宙

ことばを生み出す三角宇宙 谷川俊太郎

お酒には酔わないんだけど、一番酔うのはたとえばすごく綺麗な空を見るときとか。その時にたまたまかかる曲とかが良いとさらに酔う。軽さにも2種類ある。羽毛のような軽さと鳥のような軽さ。生命が宿っているか否か。

1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

Icon user placeholderA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 9
アムリタ (上)

アムリタ (上) 吉本ばなな

この小説のなかには人生を生きる上で大切なヒントがたくさんあって、どれもどれもなんだかあたたかい独特な雰囲気がある。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5C331661e 1ede 41aa 883b 3793cac97ede
人生の道しるべ

人生の道しるべ 宮本輝

どう生きるべきか迷っている人へ、漢方薬のようにじわじわ効いてくる本です。

Icon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Icon user placeholder3665eda2 3d97 4fb7 958e c54d92fc4a00Icon user placeholder00262ceb e827 42de bd86 ac14d320258568da6469 d234 49cf a635 03ff8dac624b 11