中田永一の本

ダンデライオン

ダンデライオン 中田永一

よくあるタイムトラベルもの。途中で犯人も想像がついたが、話しとしては良く出来ており、面白かった。

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053D08dd20d bb5f 4189 8323 898e69012d105cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc225c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd45751c3430c9 ee42 4990 9771 bda97041f9acIcon user placeholder2ba97c11 fcd4 41af 914f 50868d477a20 10
くちびるに歌を

くちびるに歌を 中田永一

発売されたときから読みたいと思っていて、やっと読めた。学生の頃、こんな世界があったのかもな、と、今なら予想できる。ドラマがあるNコンを見に行きたくなった。

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa3547683b1cea5 818d 4243 9ad0 0f47cb9a6c67D63ae6fc 5451 405e b0ab 4f318d1641be8e0d90fc 19e4 4707 8216 d7b36e443826D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40cIcon user placeholderEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97 9
百瀬、こっちを向いて。

百瀬、こっちを向いて。 中田永一

レベル2の女としては、少しもやっとしてしまうところもありました。こんな青春を味わったことがないから嫉妬なのかもしれません。 個人的には松代さんと土田さんに幸せになってもらいたい。

Upfdb05g normalIcon user placeholderE0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50eD1f5de3e c22e 4889 a67c 9168b11707f9Jaylsorg normalIcon user placeholder08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 79
LOVE or LIKE

LOVE or LIKE 石田衣良

好きな作家さんが詰まってる短編集 本多孝好さんの『DEAR』が好きでした。 「考えなくたって考えたより正しいことができる」あぁ、そういう子いるな、と思い浮かべた。

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee5263d2d120 4168 4061 86b4 57e1b5a7849610dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931
走る?

走る? 東山彰良

0209 2020/08/09読了 走ることにまつわるアンソロジー。 デザインに惹かれて読む。一緒に息苦しくなったり、爽やかになったり、走るスピードや頻度は様々だ。読み終わるとちょっと走りたくなってくる。

1fed965f d985 401c b03c 7089cae6084266e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa
十年交差点

十年交差点 中田永一

中田先生と乙一の境界がどんどん曖昧になっていくような。

私は存在が空気

私は存在が空気 中田永一

なんの先入観も無く手に取った為、最初はそのフィクション色の強さに面食らった。 しかし、やっぱり中田永一。 ウィットに富んだ会話や登場人物の繊細な心理描写、豊かな世界観。 筆者はどの作品でも、内向的な人間(←適切な表現が思いつかない)に対して、圧倒的に優しい。 中高生の時に夢中になった作家だが、大人になってまた、その魅力を再確認した。

2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfIcon user placeholderE6a0797f 8e03 48c1 bfd2 28c02985d5c76d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e740dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cb24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a37e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d 21
吉祥寺の朝日奈くん

吉祥寺の朝日奈くん 中田永一

短編集。「交換日記はじめました!」と「三角形はこわさないでおく」に描写される登場人物の存在感が印象的だった。160508

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f079c7d79 1d25 4e00 90da e447dfcf79e5D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a8 19
くちびるに歌を

くちびるに歌を 中田永一

良かった。最後は泣きそう。もちろん映画も観ましたが、ちょっとイメージと違う。

93538bfa 0bd5 49b7 b6e0 cf5f5d9c64b89a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476Y es4n88 normalIcon user placeholder51effade 3094 4a30 9dfe b8e69775b534Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a92a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b 43
僕は小説が書けない

僕は小説が書けない 中村航

自分と主人公を照らし合わせて読んでいきました。 面白く読めたんですが最後は余計かなと個人的に感じました

1a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e45b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda821e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb