トーベ・ヤンソンの本

ムーミン谷の彗星

ムーミン谷の彗星 トーベ・ヤンソン

ムーミンとスニフが未知の星、彗星の正体を突き止める為に、おさびし山の天文台に向かう、冒険色が強い作品です。

誠実な詐欺師

誠実な詐欺師 トーベ・ヤンソン

ムーミンではない、トーベ・ヤンソンの傑作長編小説。 どうしてもムーミンの作家というイメージが強い「トーベ・ヤンソン」ですが、その後10作程度の作品を残しています。この「誠実な詐欺師」は1982年に発表されました。温和な芸術家のアンナ・アエメリンと無愛想で数字しか信用しないカトリ・クリング、素朴で純真なカトリの弟マッツ。そしてその飼い犬。 話は、生活に追われたカトリが、余裕があるアンナのお金を目当てにその懐に入りこもうとすることから始まっていきます。 「犬と狼と兎をめぐる物語」(文庫解説より) カトリは、儀礼的な振る舞いを全くしません。お世辞も言わなければ、世間話にも付き合いません。自分に対してあくまでも「誠実」に振舞います。頭の良いカトリは、するどく物事をこなし、矛盾を指摘し、利益を生み出します。 そのため、村の人々に一定の信頼は得てはいますが、小さな村社会では、その振る舞いは当然「奇異なもの」として扱われます。しかし、そんな彼女の目的は弟のマッツに大好きなボートを与えてあげること。。 アンナの素朴でマイペースな生活は、カトリの出現によって変化していきます。今まで当然のようにしてきたことが、それが自分の本心からくるものなのか、確信が持てなくなります。 カトリの異常なまでの自分に対する「誠実さ」の前で、自身の振る舞いや言動が嘘っぽく感じられてきてしまいます。カトリの「誠実さ」による支配、それに対する「仕返し」と言っては言い過ぎかもしれませんが、バランスを崩したアンナの気持ちは、「犬」へと向かい、、。 北欧らしい正直さと寂しさ。「理性を持った人間」として、または「動物としての人間」のあり方について考えさせられます。ムーミンではないけれど、これもまた間違いなくトーベ・ヤンソンの世界なのでしょう。

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66F3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d866119f21b 20b0 45fb 92e7 28b01d365a51
小さなトロールと大きな洪水

小さなトロールと大きな洪水 トーベ・ヤンソン

ムーミンシリーズのプロトタイプ作品。 外国文学らしく、どういった展開になるのか予想もつかず、世界観をつかもうとしているうちに読み終わってしまうとても短い作品。 訳のわからなさから来る不気味さは、さながら「不思議の国のアリス」。 ストーリーとして面白いか面白くないかという問題ではなく、トーベ・ヤンソンのイマジネーションの源流を味わうべし。 ※日の当たる場所を求めて旅をするという下りは、日照時間の少ないフィンランドならではの設定と思われる。

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21C0e65e21 f802 4673 8ce2 e8f67164a9880023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 12
不思議の国のアリス

不思議の国のアリス ルイス・キャロル

アリスの不思議な世界観やはちゃめちゃな登場人物がとても好き。世間とずれた感覚の個性が爆発していて、でもそれぞれに愛嬌があって引き込まれた。トーベ・ヤンソンの挿し絵もすごく世界観があって可愛い。

Icon user placeholder95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5ddC650edbe f538 4d2e b1a2 5a08d1af82f4
新装版 ムーミン谷の仲間たち

新装版 ムーミン谷の仲間たち トーベ・ヤンソン

キャラクターは知ってたけど、初めて小説を読みました。個性的なキャラクターや楽しいお話がたくさん。大人が読んでも深くて、ほかのお話も読みたくなりました。それぞれのキャラクターがありのまま生き生きと生きていて、それぞれのお話の中で見た目ではわからないけれども大きな内面の変化が起きるところや、ちょっとした優しさやユーモアを感じられるところが好きです。

7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106443055f579 0f90 4aaa 913f f397d8888fe7384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af4207709b f77a 41a8 a12b e329c0275d22Icon user placeholderIcon user placeholder 13
トーベ・ヤンソン・コレクション 2 誠実な詐欺師

トーベ・ヤンソン・コレクション 2 誠実な詐欺師 トーベ・ヤンソン

もう早、春に近しい今であるが、冬に読む本として毎年とは言わずとも繰り返しこの本を冬に僕は読む。 トーベ・ヤンソンは「ムーミン谷」シリーズで広く知られた作家だが、過去、放映されたアニメと巷にあふれるグッズによりどこか誤解されていることが多い気が僕にはする。彼女は画家であると同時に小説家である。 「ムーミン谷」シリーズはもちろん素晴らしい。が、このトーベ・ヤンソンコレクションシリーズを僕は推したい。 そしてその中でも特にこの『誠実な詐欺師』は怖ろしくも秀逸な一作だ。 カトリとアンナ、マッツと名もなき犬、彼らが過ごした一冬の共同生活。その中で起こる各々の変化は劇的であり、何とも心を乱される。が、同時に、それらは冬の深い雪に音を吸われたかのように、静かであり、乱された心を冷やし均す。 また、いつかの冬、この本を僕は読むだろう。

MOE 2016年 01月号

MOE 2016年 01月号 羽海野チカ

羽海野チカ先生が好き、 小川糸先生が好き、 ムーミンが好き、 フィンランドが好き、 今回は最高にドンピシャ!

ムーミンパパ海へいく

ムーミンパパ海へいく トーベ・ヤンソン

ムーミン全集第7作目。そこにあるのは不安と現実と未来と海。大黒柱が破天荒になった時、安定していたものがすこしづつおかしくなっていきます。本人たちも気付かぬままに。そんな時でも海は穏やかで厳しくて。ムーミン至上最高の一冊!

新装版 ムーミン谷の夏まつり

新装版 ムーミン谷の夏まつり トーベ・ヤンソン

映画『かもめ食堂』でサチエとミドリが出逢った時、ミドリが読んでいる本。 火山の噴火によって大水が襲い、すっかり飲み込まれそうになるムーミン屋敷を、まるでピクニックに出掛けるかの様に出るのです。 どんな困難も楽しむ彼らに癒されます。 いろんな状況を前向きに捉えて楽しめば、それだけで、人生は、豊かになるに違いない。

35894186 d52b 4fb5 afe8 611d110ae7580a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca545199bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3