笹本祐一の本

放課後地球防衛軍(1)なぞの転校生

放課後地球防衛軍(1)なぞの転校生 笹本祐一

この作者の作品は初めて読んだけど、深刻な感じもせず、ミステリー感もないがちょっと面白い?感を感じなからスッキリ読めた。 話はある日、高校の天文部が流れ星を観察していた時に1つの流れ星が近くに落下、翌日、学校に現れた転校生が天文部に入部するところから謎が始まる。 続編はもしかしたら読むかなぁ。 どうしても読みたくなる!という感じではないし、アニメとかのほうが面白いかも。

9d44af01 4cdc 4539 af33 b2d69d72ed8cEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f
星のダンスを見においで 地球戦闘編

星のダンスを見においで 地球戦闘編 笹本祐一

スペースオペラ。 冒頭から物語に惹き込まれて、そのまま一気に読み終えた。 突っ込み所も幾つかあるが、細かいことは気にしないで、純粋に物語を楽しむのが吉。 物語はこの後、宇宙海賊編へ。

彗星狩り(上) 星のパイロット 2

彗星狩り(上) 星のパイロット 2 笹本祐一

昔はこれがライトノベルだったんだよなぁ。こんな凄い作品が出て来るジャンルがライトノベルだったのに、どうしてこんなにラノベはダメになってしまったんだろうか?

妖精作戦

妖精作戦 笹本祐一

基本。読んだのはソノラマ版だったが。