大森望の本

プロジェクト:シャーロック

プロジェクト:シャーロック 大森望

毎年の楽しみにしている『年刊日本SF傑作選』ですが、今年は『さよならの儀式』以来の面白さでした!上田早夕里や宮内悠介はもちろんのこと、我孫子武丸や松崎友里も良かったー。加藤元浩のマンガも秀逸でした。

アステロイド・ツリーの彼方へ

アステロイド・ツリーの彼方へ 大森望

年刊日本SF傑作選の9作目。安定の藤井太洋、宮内悠介、森見登美彦、野崎まど、上田早夕里。今回はじめて面白いと思った円城塔。今回、特に良かったのは、菅浩江の『言葉はいらない』と石川宗生の『吉田同名』。今までの傑作選の中でも、かなりレベル高かった!

トータル・リコール

トータル・リコール フィリップ・K・ディック

鬼才ディックの短編集。その多くが映画化されているのは、やはり発想の見事さと、秀逸なストーリーテリング技術なのかもしれない。表題作トータルリコール、マイノリティリポート、ペイチェックなど。SFの未知の世界観は映画だけではなく、原作小説も眠る前のひと時に丁度良い。

C06e79c3 63b1 4179 8ec5 2054358a9e635add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b4137949e3c5de7 39e0 48aa 9c39 fe905b0cd6e1871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041eIcon user placeholderC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779 8
折り紙衛星の伝説

折り紙衛星の伝説 大森望

日本SF傑作選を全て読んだけど、2013年の『さよならの儀式』がイチバン面白かったかな。まぁ、新しい作家との出会いのつもりで読みのが良いかも。下永聖高の『猿が出る』が良かった。

拡張幻想

拡張幻想 大森望

2011年のSF傑作選。庄司卓の『5400万キロメートル彼方のツグミ』、石持浅海の『黒い方程式』、新井素子の『絵里』が良かった。石持浅海のこーゆー短編をもっと読みたい。SFっぽくないけど。

量子回廊

量子回廊 田中哲弥

2009年のSF傑作選。今回はまあまあ。上田早夕里の『夢見る葦笛』、森奈津子の『ナルキッソスたち』、田中哲弥の『夜なのに』、綾辻行人の『心の闇』。年々 面白くなってるといいな。

虚構機関―年刊日本SF傑作選

虚構機関―年刊日本SF傑作選 田中哲弥

2007年のSF傑作選。伊藤計劃以外だと、山本弘の『七パーセントのテンムー』、八杉将司の『うつろなてレポーター』、林譲治の『大使の孤独』あたりが良かったけど、全体的にイマイチでした。

行き先は特異点

行き先は特異点 大森望

日本SF傑作選の10作目です。今作はもともと好きな作家の作品が、やっぱり面白いという感想でした。藤井太洋、宮内悠介、上田早夕里ですね。7作目が販売好調だったため、まだ続けられるようです。SF好きな方は、良質なSFをこれからも楽しめるように、この傑作選の購入をお願いします!

Ad7825af 31c7 446b af9e 8f3c399104ac47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62aD70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c
輝く断片

輝く断片 シオドア・スタージョン

この「奇想コレクション」はイイよ〜 なんせスタージョンの短編集が3冊も入っているから。(笑) SFっぽくなくって、SFがチョット苦手な人でも読めるけど……

書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国

書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国 大森望

『屍者の帝国』のアンソロジー。個人的には、藤井太洋の『従卒のトム』、北原尚彦の『屍者狩り大佐』、津原泰水の『エリス、聞こえるか?』、宮部みゆきの『海神の裔』が良かった。巻末の円城塔のインタビューも興味深い。

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c
極光星群

極光星群 大森望

2012年のSF傑作選。これは面白かった!宮内悠介の『星間野球』、上田早夕里の『氷波』、乾緑郎の『機巧のイブ』、山口雅也の『群れ』などなど! 2013年も面白かったから、SFの変化年になるのかも!

結晶銀河

結晶銀河 大森望

2010年のSF傑作選。冲方丁の『メトセラとプラスチックと太陽の臓器』、上田早夕里の『完全なる脳髄』、月村了衛の『機龍警察 火宅』、谷甲州の『メデューサ複合体』が良かった。上田早夕里は昨年のも良かったから、注目しようかしら。

さよならの儀式

さよならの儀式 大森望

SF短編、初体験。『エコーの中でもう一度』、『科学探偵穂村』、『地下迷宮の帰宅部』が面白かった!

サンリオSF文庫総解説

サンリオSF文庫総解説 牧眞司

こんな感じでハヤカワポケミス総解説や創元推理総解説が出ないかと願ってます