市原真の本

Dr. ヤンデルの病院選び

Dr. ヤンデルの病院選び 市原真

家族や友人に「かかるならどこの病院が良いかな」と訊ねられた時、たとえ自分が医療系の職種であっても明確な回答は難しいなと感じます(「この病院だけは止めておいた方が良いよ」なら言えますが…)この本を読めばそれの問いに系統立って答えられる様になります。いつものDr.ヤンデル先生節はやや少なめですが、お役立ちな一冊ではないかと思います。

病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと

病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 市原真

自分は医療者側なのでまっさらな患者側目線から読む事は出来ませんでしたが、医療の世界を明瞭に悪いとも良いとも言わず、絶妙な例えを展開して医療界を読者にイメージさせてしまうのは流石だと思いました。作中に出てくる濃いキャラクターの先生方はとても興味深く、勝手にこんな風貌の人かな…?と想像しながら読むのが楽しかったです(・ω・)

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cF7951be7 4831 40b9 84dc 15df732dce45453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff27e5337b4 78b5 4945 a23a be7922a7b451
症状を知り、病気を探る 病理医ヤンデル先生が「わかりやすく」語る

症状を知り、病気を探る 病理医ヤンデル先生が「わかりやすく」語る 市原真

病気を症状(腹痛など)から、どんな風に原因疾患を推定して良いのか、患者さんには何を聞けば良いのか、何故それが必要なのか、など大まかな考え方を分かりやすく解説してくれています。横臥呼吸とめまいの原因については知らないことが多かったので、とても勉強になりました。個人的に好きな所は放散痛の「ほんとしっかりしろ、脳!」です(・ω・)

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c27ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e193
どこからが病気なの?

どこからが病気なの? 市原真

とても読みやすく、(月並みな感想ですが)病気についての難しい事を分かりやすく書いてくれている本だと思いました。「複雑系」…言われてみればまさにその通りの事なのですが、確かに人は物事を単純化したがる傾向がありますよね。多分それについて理解しようとしたり、深く考える事がめんどくさいのだと思います。しかし、このタイトルを見てこの本を読もうと言う方は、少なくとも病気について理解しようと言う気概がある方だと思うので「複雑系」な病気の世界に触れて、自分で今まで抱いていた病気のイメージとの違いを、是非楽しんで欲しいと思いました(・ω・)

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c25f81d9e8 2019 48a2 8e1c c18f62c99e2f48ef7387 d099 4f55 9b26 e692b005a2d2B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
いち病理医の「リアル」

いち病理医の「リアル」 市原真

まさにヤンデル先生の日常が垣間見れる本。そうそう、こんなのが読みたかったんだよなぁーとほそく笑みながら通勤時に読んだんですが、少々サイズが大きい本ですので立ったままは結構読みにくかったです笑 自分的に胸熱だった部分は、ヤンデル先生が画像と病理の対比を始めたエピソード。「消化管画像研究所」でのバリウムを職人的に読影する放射線技師さんの描写にワクワクしました。あとは「仕事の向き・不向きは好きが持続してるか」って話もとても共感出来ました。どんな仕事も勉強し続けなきゃいけない部分があるから、それなら好きな分野の方が絶対良いよね。ヤンデル先生ファン及び病理医に興味がある方にオススメです。