岡本かの子の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11
鮨

鮨 岡本かの子

寿司屋の娘に男性は自分の少年時代の話始める。自分の母親の愛と母親が作った鮨をなつかしむ。 男性は昔、他人の手で料理された食べ物が汚れていると感じて食事が苦痛でした。そこでお母さんが"バラ色の手"で新鮮な魚をお寿司にして息子に食事を慣れさせていきます。 短いお話ですが、繊細な子供の感覚と魚の新鮮さの表現にぐいぐいと引き込まれます

女体についての八篇 晩菊

女体についての八篇 晩菊 太宰治

太宰治、岡本かの子、谷崎潤一郎、林芙美子、芥川龍之介、石川淳、森茉莉、有吉佐和子の短編に安野モヨコさんの挿絵。豪華。 安野さんの描く女性の身体の曲線が本当に好きだ。 https://cakes.mu/posts/12785

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a74c33605 cad0 4be4 b2cb f7a38990d3aa38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f443a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f438f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa