鈴木陽介の本

たすかる料理

たすかる料理 按田優子

お店の成り立ちや、とても不思議なメニューの紹介、風変わりなアプローチに目からウロコの自炊の様子など、肩の力が抜け過ぎているように見えてミョーに心の芯を喰う話ばかりでとんでもなく痛快。写真も味わい深くて、佇まいの美しい本。あっという間に読み終わるけど、このユカイさに未練がありすぎて続けてもっかい読んだ。

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69903224a647 4b88 45d5 bd89 950138ddbe558e56d571 b5e9 40eb 8f73 cdc295a236506afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373398a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Icon user placeholder 10