内沼晋太郎の本

本の未来を探す旅 台北

本の未来を探す旅 台北 内沼晋太郎

現在進行形の台湾出版事情を理解する良書、「田園城市」ヴィンセント・チェンさんのインタビューは台湾出版界の流通形態がよくまとまっており、理想主義ではなく現実を見据え出版をまっとうな商売として成り立たせるべく積みあがるアイデアにこうゆうやり方もあるのかと膝を打つ。 「台湾の書店が取次を通して出版社から本を仕入れる場合、いちばん安くて本体価格の6.5掛け、普通は7掛けに、ほとんどの場合は5%の営業税がかかるのがスタンダードです。たとえば本体価格が1000円の本だとして、出版社の取り分は450円(45%)、取次は200~250円(20~25%)、書店は300~350円(30~35%)ですが、そこから割引をする分だけ書店の利益は減ります。 直取引の場合も、出版社は通常、書店に本体価格の65~70%で卸します。ただ誠品書店と博客來の2大販路は別格で、出版社は誠品には委託でおよそ55%、博客來には60%ほど(8割方が買取)で卸します。(それぞれ5%の営業税を含む)。」P.96 取次の取り分が20~25%とは! 先週話題となったアマゾンの買い切り問題も博客來の掛け率及び買取率が参考となるのか。

Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ccb515bd 2b29 436b 90b1 08ddf55ba5960f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163
本の未来を探す旅 ソウル

本の未来を探す旅 ソウル 内沼晋太郎

ソウルに週に1店!?の割合で増えているという独立系本屋さん。しかもイベントや集客方法には独自のアイデアが満載。 下北沢の本屋B&Bを経営する内沼晋太郎氏曰く、ソウルは日本の本屋さんの未来の姿を見せてくれているのかも、とのことで読んでみた。 ソウルの中でもホンデという街を中心にどんどん増えている本屋さん。私と同年代の方々の様々な本屋さんの姿に揺さぶられる。 本屋のオーナーだけでなく、出版業界の研究者や雑誌(Magajine B!)の編集者のインタビューも読み応えがある。 ソウルに行きたくなるというよりも、私も本屋を始めたい!という内容になっていた。 本文用紙はラフな書籍用紙で、文字は読みやすい。その分写真の彩度は落ちるが、光に溢れた写真とレイアウトの妙でカバー。 各章の扉のレイアウトがすばらしい。 ぴりっとした黄色と青が効いた表紙に幅広帯なのもステキ。 ブックデザイン 大西隆介+沼本明希子(direction Q) 印刷・製本 図書印刷株式会社

Icon user placeholderB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f45217a066 b6c9 4da0 a100 208dd2dcda11Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17
本の逆襲

本の逆襲 内沼晋太郎

2019/1/26読了 「出版業界の未来」と「本の未来」とは、別のもの。 長く出版不況が叫ばれて、街の本屋はどんどん閉店に追い込まれて等等、景気の良い話はなかなか聞けないけれど、それでもエンタテインメントの一角として「本」は巨大な存在を未だ保っている。 ただ、確かに自分も新刊書店で紙の本を買う機会は少なくなった気がする。本好きはもう既に家に本が溢れてるから、増やしたくないっていうのはあると思う。ちょっと気になった程度なら図書館か電子書籍で済ますだろうし。今の再販制度と取次の仕組が崩れてしまったら、コンテンツの中身としてデータだけで買う人、豪華装丁版でモノとしての本に拘る人、二極化していくのかもな。 子供の頃に親の都合で何度か田舎に引越したけど、本屋に行けば、都会と同じ本が同じ値段で手に入ることが救いだった。 今の時代、ネットさえ繋がっていれば電子書籍でも買えるし、amazonでも買えるけど、でもやっぱり出来るだけ本屋さんで、読みたい本を選んで買える幸せって無くなって欲しくない。

C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76C2553245 84a1 4fc5 9f70 0e2a6896e832C2b5c7b5 a797 4afd 9f3c 36dab7056ec574912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab40ded46d6 f094 451c ac87 16cb716556684168a2e8 88f2 4b89 b224 b136732a4ddbE0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915 59
本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本 内沼晋太郎

本のことだけじゃなく、自分らしい働き方、生き方について考えさせられ、エネルギーをいっぱいもらえる本です。夢に向かってたのに、ちょっと挫折しそうっていう時に読むと、背中を押してもらえる。しかも地に足ついた感じで。

Icon user placeholder9a5d3890 eaeb 4ee1 a0a6 cb5676288a25F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d6c3e3442 6164 4823 b8da e5b6b3d03f6eBea28fd9 62a4 4e32 9ccc 94b1689a39e9Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4 14