中野信子の本

悪の脳科学

悪の脳科学 中野信子

人の気持ちが揺さぶられるのは脳が他の体の機能と比べて完全にできていないから。進化する為に必要な余白部分を喪黒福造は攻めてくる。 漫画が差し込まれ、文書も読みやすかった。 数々のホルモンが人間の身体や考え方にどのように影響するのか随所に書かれており、自分をコントロールすることは脳をコントロールすることと等しいんだなと思った。

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c434039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6
サイコパス

サイコパス 中野信子

サイコパスとは何かを詳細に書いている 罰を受ける恐怖心や後ろめたさを持たない 自分の欲求を犯罪を犯してでも満たす 冷徹な程合理的な考えを持つ 経営者や弁護士に多い 魅力的な人が多いらしいが書き出しただけでも人を引き付ける危険な魅力がありそう

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd66cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bD1c7d2bc cd0a 47ea b434 f60476387aafIcon user placeholder38451cdc e56f 4314 8344 18478af54975 46
人は、なぜ他人を許せないのか?

人は、なぜ他人を許せないのか? 中野信子

他人を許せなくなる背景には、文化や習慣によって生まれた内集団バイアスという脳のクセによるものがある。この思い込みは前頭前野の衰えが関与しており、是正するためには食事、睡眠、メタ認知がkeyになる。また、現状維持バイアスからの脱却も必要になるだろう。

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4F19eb923 86ef 4bb0 aee5 41e194a303dcIcon user placeholderE8ac9643 12e5 4dd6 9db3 efc1795908ce1d4639a3 0ec8 4bca 8223 b60b5dc04481Icon user placeholderIcon user placeholder 11
キレる!

キレる! 中野信子

怒ることはかならずしも悪いことじゃない、自分に不利益な事を言われたら怒ってもいいし、我慢しないこと、忘れないように時々見返そう。。

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6Dbe4a261 75b3 40c4 b476 5fedcf5bd935D3579b84 acbe 4694 8ebe fdace3aba40c20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない 中野信子

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd638c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Ce3b56d0 18f6 46af afaa d2186d684c8aC4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512aF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Dcf61970 73a0 43c7 9e6e dc5f81da5c6bIcon user placeholder 20
努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本

努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本 中野信子

久々に手に取り一気に。 努力することを称賛して、努力することが正しい、という世の中。 目的と戦略があってこその努力。生き延びる知恵と、成功し社会的ステータスを手にすることは、同じ「努力」ではなく、ベクトルも違えばそもそもの本質も違う。 中野先生は、あなたが今日まで生き延びてきただけで、それは地球が生まれてから今日までの人類の成功者でありそれ自体に価値があり、それこそが才能である、と言っているが、私たちが知っている(考えがちな)才能とは違う。 私たちが求める才能は、誰にでも手に入れることができそうなストーリー性を持ち合わせた才能であり、努力すれば手に入れることができそうな才能だ。しかし、この本に書かれている才能は、誰もが生まれた瞬間に持ち合わせた才能のことで、誰から称賛されるわけではなく、ただそこに横たわっているものである。 それは、ヒーローのようには称賛されないが、確かに毎日、確実にあるもの。 人が毎日を生きていく中で、誰かに必要とされ、誰かの心を温め、誰かに必要とされる、能力なのかもしれない。 それは日々の生活。 最後に、目の前にある人生を豊かに味わって行ってほしい、と書いてあるが、これこそが深く心にささり、最大の人類の課題なのだと、これからの生き方を考えされられる。

Vsfjjy2k normal34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd675805071 9a19 4e87 9c44 2e632e2fb0c225edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca55217a066 b6c9 4da0 a100 208dd2dcda1162f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b45756279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a 15
脳はどこまでコントロールできるか?

脳はどこまでコントロールできるか? 中野信子

2018/01/23 読了 オビには「あなたの脳をダマす方法、お教えします。」とある。しかし、脳はこんなところでダマされるとは書いてあるが、ダマす『方法』は書かれていない。見事にダマされた(^。^) でも、読み物としては面白い。

Vsfjjy2k normal34039ca4 a3a8 47b9 a6f9 06e296c4ddd6176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d489c2974f 98c3 462c 8017 96a710f1ca5bBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 10