安西水丸の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc66 27
象工場のハッピーエンド

象工場のハッピーエンド 村上春樹

安西水丸さんのイラストたっぷり味わいながら、村上春樹さんの軽快なリズムに乗って、いつのまにか音読していた。。。あの羊男さんや双子も登場、「マイ・スニーカー・ストーリー」に目が点になり「鏡の中の夕焼け」にるるる。白ワインとマスクメロンのイラストいいな〜と思いつつ、書体がいろいろで楽しいです。

「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?

「これだけは、村上さんに言っておこう」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける330の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 村上春樹

両思いってありますか? ー(略)人生というのは、多くの曲面で絶望的であると人は言いますが(僕もそれを否定するものではありませんが)、少なくとも愛に関していえば「楽観性」は大きな力を持ちます。

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f9b55a4b9 37db 41d2 92fa 8508e79469f7Icon user placeholder95db8e51 2601 4c3e a38c 143244a97677Fa1ab365 c930 4a1f ba8c 4e06f9a47f81
ランゲルハンス島の午後

ランゲルハンス島の午後 村上春樹

「引き出しの中にきちんと折ってくるくる丸められた綺麗なパンツが沢山詰まっているというのは人生における小さくはあるが確固とした幸せのひとつ(略して小確幸) ではないかと思うが、これはあるいは僕だけの特殊な考え方かもしれない。」p.83 〈じぶん小確幸〉をメモるだけで小確幸だと思う。 やるべし。

8facbf6a 2337 4c3e 96ad 323f68ae788584bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7C1de9418 6639 4a37 b91d a8972310554d91b318c1 3f5c 4197 849b 9938b381ae168b0a20a8 21ac 4ff5 b9f8 79ff091733b0E78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0a8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96f 17
村上朝日堂 (新潮文庫)

村上朝日堂 (新潮文庫) 村上春樹

目次をみて気になるところから適当に読んだ。 ビーフ・カツレツが食べたくなり、そのあとでウィンナ・シュニッツェルが食べたくなった。どこで食べられるかな?

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c93492b0da 5797 49c6 aa86 b29efe6f65b33e11f88d dc4f 429c 8fdf 275657fa27d18f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBbcbe9a6 1685 4be6 ac35 5a1b14ab68e98bff9a1f ad9b 46d5 ba0d 3a17e70378307a9cc258 aa7f 4b7e 83a8 f5be3e076c75 9
メロンが食べたい

メロンが食べたい 安西水丸

似てないようで似てる似顔絵とか、色気があるようでないようなイラストとか、ちょこっとズレた感じのお話とかがあって、なんとなくいいなぁと思ってしまいます(^^)

Icon user placeholder56c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10D61b49d7 1fa9 49a0 acd1 24bd306075a2
東京美女散歩

東京美女散歩 安西水丸

面白いよ、ってお友達が貸してくれました。 イラストも一つ一つ見ちゃうから軽い内容の割に時間がかかった(笑) タイトルどおりかの有名イラストレーターが東京のあらゆる街を散歩して美女を捜す、という企画だったみたいだけど美女、はかなり早い段階でどうでもよくなって今で言うと「ぶら水丸」みたいな感じになってる。 自分は田舎産まれの田舎育ちなので東京の都心で小学生を見ると「こういうところで生まれ育つと全然違う人生なんだろうな」とか思うのだけどイラストレーター殿も赤坂産まれの赤坂育ちということで筋金入りの都会人。自分なんかとは同じ東京の街を見ても思うことがかなり違っていて面白かった。そして作者について…サブカル系の大人しめな人と思っていたのだがかなり悪い〜特に女性関係〜人だというところが意外で面白かった。

猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

Icon user placeholderA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 9
ひさしぶりの海苔弁

ひさしぶりの海苔弁 平松洋子

「氷水できいんと冷やしてからおもむろに齧る」氷水漬け胡瓜と添えられた貝殻の静物画のような美しさ「きゅうりをがぶり」、「雪降る夜中ひとりブランコに揺られている志村僑を蹴飛ばすような狼藉である」なぜかブランコに揺られる油揚げのシュールさ、映画「生きる」からだとおもうけど、ゲゲゲの鬼太郎に登場する「ぬりかべ」のようなちっちゃい手足のついた油揚げがブランコに揺られている図に微笑む「油揚げ産江」など安西水丸さんのイラストが素晴らしい。 ところでなぜ油揚げと志村僑が結びつくかというと 「焙って生姜醤油を添えれば、日本酒ぐいぐい。はんぶんに切って袋にし、ブルーチーズを詰めて焼けば、白ワインがぶがぶ。なのに脇役の顔を崩さず、あくまでも寡黙。志村僑の顔など浮かんでくる(アブラっ気の抜けかげんが極限の近似値)。」だそう。面白い。

「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?

「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか? 村上春樹

驚愕!女性が男性に気持ちを伝える方法。 ーいちばんいけないのは口で「あなたのことが好き」と言うことです。これでは女として、完全にアマチュアです。あなたも(もう)33歳だということですから、もっと女としてプロになってみましょう。(略) 女の人にはみんなそういう知識が生まれつき自然に備わっているものと、僕はこれまで思っていたんですが、そうでもないのでしょうか。 具体的方法はこの本を読んでお確かめください…。

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016C1de9418 6639 4a37 b91d a8972310554d2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f
ふわふわ

ふわふわ 村上春樹

“猫の毛はすでに太陽の温かさをしっかりと吸いこんでいて、いのちというものの(おそらくは)いちばん美しい部分について、ぼくに教えてくれる。” 村上春樹とイラストレーター展にて絵本を読んで、会場で即 購入。

73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bF8f5d940 370c 447f b7f8 4d2f70c5af965d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988
村上朝日堂の逆襲

村上朝日堂の逆襲 村上春樹

やっぱり軽快に進んでいく読んでいて心地いい!こんな暮らしがいいよね〜 1980年代のコラムにもう「主夫」の提案が書かれていてさすがだなと思った

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249918f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBbcbe9a6 1685 4be6 ac35 5a1b14ab68e9
日出る国の工場

日出る国の工場 村上春樹

コムデギャルソンに興味をもって、読んだ本。著者の言い回しと製造のレポート

488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb99dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf