川崎昌平の本

同人誌をつくったら人生変わった件について。

同人誌をつくったら人生変わった件について。 川崎昌平

会社員の主人公が周囲の同人誌活動をしている人たちから影響を受け、マンガを描いて本を作り、同人誌のイベントで自分が作った本を売ることが描いてあるマンガであり、同人誌の作り方・売り方が書いてある指南書でもある本。なぜ本を作るのか? 作った本をイベントで売ったら何が起きるのか? などといった同人誌の創作活動、販売等の模索や楽しさが伝わってきます。イベントで本を売る行為は僕は一箱古本市というイベントで何度も経験しているので売れる喜びはよくわかる(僕が売ったのは自分で作った本ではありませんが)。会社員でも同人誌活動はできる、ということがこの本のテーマの一つで、かつ親近感を持ったポイント。

労働者のための漫画の描き方教室

労働者のための漫画の描き方教室 川崎昌平

冒頭の「怒り、そして許せ」あたりは良かったのだが「原発反対」「原発賛成」のあたりからあれ?と思い始める。「クソな現実」をキャラに言わせたあたりで、地金は結局そのあたりか。バロン吉元先生もネームを切らないとの話を美術館で見てきたが、絵が描きたいの延長線上からの漫画が俺は好きだな。「む!」とかキャラクターに言わせる表現は使いたくないよ。

E7194f9e f6a9 455c 821a a6aa4438b0227ca6cc2e 6279 4207 8718 829f130c661eIcon user placeholderC40a80f4 ae1e 4b04 b686 503990ebd7743575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d379887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7F6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a 12
重版未定 2

重版未定 2 川崎昌平

弱小出版社で、紙の本を編集する仕事をしている主人公。 編集者がみな金持ちになれるわけじゃない。 大変そう、、、 誰かが本を作ってくれるから、読者になれるわけで、 紙の本が好きな私は、 出版社ありがとうと思ってます。 作者自身、 会社員でもあり、作家でもあり、 なかなか大変そうですが、 きっと本が好きで、 編集の仕事から離れがたいのでは。

5235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3dEc2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c96cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cB157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3 8
はじめての批評 ──勇気を出して主張するための文章術

はじめての批評 ──勇気を出して主張するための文章術 川崎昌平

(これを読了してからのコメントは、内容をどれほど理解し実践できているか示すようで怖気づいているが、気ままな感想としてしたためる) 一見、文章術向上をはかる自己啓発本かと思いきや、ものごとの見方、とらえ方、考え方から本書は始まる。そして後半は、思わずクスっとしてしまう例文とともに、文に起こす際の具体的なコツが章毎に語られている。魔王が家庭菜園をするくだりには、電車内で吹き出しそうになるのを堪えた。 賛成を述べるにも、反対を述べるにも、まず対象をよく知り、そして自分と異なる意見にも耳を傾ける。これらは批評するしないに限らず、何においても必要な姿勢と言えよう。

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1138f9987fd 83b4 4979 94f6 0abbc628b9f0
無意味のススメ

無意味のススメ 川崎昌平

0194 2020/03/08読了 読むことで何かを得ようと意味を見出してしまった…! 紙の違いにも意味を探してしまった! とにかく空っぽに、意味を持たない時間や行動をする。時間や事柄で動いている今の私には難しくなっているなあ。 後半に載っている、大学の同期と後輩のエピソードが好き。

C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9eddda0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54
重版未定

重版未定 川崎昌平

出版社の人が自分の仕事について書いた本、マンガ家さんが出版社の現場を描いたマンガなど出版社関係の本は色々出ていますが、このマンガはとある出版社の編集者たちが本を作り売り宣伝し…と出版社の仕事を紹介しながら一緒に出版社の生々しい部分がこれでもかというぐらい描かれています。出す本についての会議。本を売るために書店で開いた著者のサイン会に誰もこないという事態。主人公が上司に会社を辞めたいと相談し「重版しない本はダメな本なのか?」と返される…。読むと頭が痛くなりますが、出版社の現実、問題、起きていることが僕にも少し理解できたマンガです。

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d644a8d11 ee51 4d9f 8564 529139f330a9Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d231240c88ce30 113b 4f97 a31a 88523f7625b4C1b7ea90 e5a8 4c3c 94ef f711adf6c4d75235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d 19