俵万智の本

トリアングル

トリアングル 俵万智

2018年126冊目。俵万智さんの短歌も、エッセイもたくさん読んだけど、小説もすてきだなって思いました。

オレがマリオ

オレがマリオ 俵万智

2018年73冊目。俵万智さんって恋の歌のイメージが強いから、とっても新鮮でした。20180603

6f7de5c6 bd92 46a3 b9f9 31144ce90fe7743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a71dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Icon user placeholder166afdbf b1c1 4727 90ca bf926c19b300 15
百人一酒

百人一酒 俵万智

あぁ、美味しいお酒が飲みたいなぁ。

チョコレート語訳 みだれ髪

チョコレート語訳 みだれ髪 俵万智

与謝野晶子の恋の俳句を 俵万智が現代バージョンにリメイクする。 ふとした恋心をここまで上手く捕らえる与謝野晶子と、 換骨奪胎を思わせないくらい自然で現代風にリメイクできる俵万智の感性はすごい。

1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86
言葉の虫めがね

言葉の虫めがね 俵万智

2018年131冊目。古本屋さんで買った一冊。俵万智さんの短歌の隣に、前の持ち主さんの、自作の短歌が書いてあって、それもとてもすてきでした。 / 20181025

ひまわりの日々

ひまわりの日々 俵万智

2018年125冊目。後書きのなかで、万智さんが、「これは自分だけの記憶にとどめておくのは勿体ないことを集めた」と書いてあって、うれしかった。/ 20181014

ありがとうのかんづめ: 子育て短歌ダイアリー

ありがとうのかんづめ: 子育て短歌ダイアリー 俵万智

これは手元に置いておきたい。 子育てにつまづいたとき 悩んだとき どうしたらいいかなぁと立ち止まってしまったとき きっと元気を取り戻すきっかけになってくれる存在になる そう思えた本。 ありがとうのかんづめ 俵万智さんは サラダ記念日くらいしか、知らなかったのだけど、(ごめんなさい) なんと心に刺さる言葉の多いことか。 短歌が身にしみる。 共感、反省、共感、共感、反省 私はどうやって子供たちと向き合ってるかな 向き合えてるかな やる気を削いでないだろうか 子供の時間を満喫しているだろうか そんな風に自分を省みる。 いっぱい鳥肌が立つような文章があったのだけど 特に…というものをピックアップ☺︎ ◎ゲーム、パソコン、テレビ、ダメとは言わないが おやつのようなものと教える →きっとこれから悩むんだろうな。これらとの付き合い方に。 だめじゃないけど、ほどほどに…っていうときに、わかりやすいなぁと思った。 ◎木が困る 古くなったら木が枯れる 漢字の国の漢字の話 →ただ覚える、暗記させる、ではなくて、理解して、勉強の面白さを知って欲しい。漢字の成り立ちとか分かると、へーっ!って気持ちになって面白いよね。 ◎前を向けと言われる息子 「今オレが見ているほうが前」とつぶやく →私は昔、自分が前を向いてる方が北だと思ってました(笑) ◎たっぷりと君に抱かれているような グリンのセーター着て冬になる →できるだけ形容詞を使わないで作るというのが、上級者なんですって!確かにステキだなぁ、って思う文章は、比喩が自分は思いつかないんだけど的を得ていて、カッコいいなぁって思う。 ◎見守るというだけの春 子には子の解決法があると信じて →怪我をした、させてしまったときに、ユニークな方法での解決はお互いに気持ちがいい。 友達の不注意で、右手を車のドアに挟んでしまい、しかし謝ってもらえずに、悶々とした俵さんの息子。 ガツンと言ってやる!と放った一言。 「おまえのせいで、オレは毎日うんこを左手でふいている!」 思わず吹き出した友達は、大丈夫?ごめんね、と言ったそう。 ◎恋しい時わからない時よわい時 ひらいてごらん「星の王子さま」 ◎ウワバミに呑まれたゾウの絵をほめてやれる 大人になりたい、なろう →私も星の王子さまが、大大大好きなので、これは一番響いた。 子供の時と、大人の今とでは、手が止まるページはちがう。そこが魅力。 そして、なにやってんの?そんなことより勉強しなさい、って言わないように、子供の好奇心を摘まないようにしようと、心に留めた歌。 (私言いそうだから…) 短歌面白いなぁ。 俵万智さんの本、もっと読みたくなった。

かーかん、はあい 子どもと本と私

かーかん、はあい 子どもと本と私 俵万智

ちょうど子どもが生まれた頃に読んだ気がします。 早速、本書で紹介されてるじゃあじゃあびりびりを買い、読み聞かせしました。

みだれ髪―チョコレート語訳

みだれ髪―チョコレート語訳 俵万智

あとがきに、「意味を理解してもらうための訳というより、晶子の短歌の匂いを感じてもらう訳を目指したつもりだ。」とありちょっとホッとした。 全てを理解することは難しいけど、匂いを感じることならできた気がする。ちょっとだけ。

Icon user placeholder97973827 cd79 4f24 b572 f8917c56cffa4daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b06cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderA3853448 338a 4e80 ba83 2c3a57f79d9881b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 11
サラダ記念日

サラダ記念日 俵万智

もう30年位前に読んだので、正直あまり覚えていない。でもタイトルになったものは、なんとなく覚えてる。その当時はとても共感した気がする。

Icon user placeholder8882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c1049874f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d209e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaIcon user placeholder387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518 15
プーさんの鼻

プーさんの鼻 俵万智

俵万智は、言葉の繰り返しがうまいなぁと思う。吾子とかみどりごとかいうのが中村草田男っぽい。