アントワーヌ・ローランの本

ミッテランの帽子

ミッテランの帽子 アントワーヌ・ローラン

読後は絶対幸せな気分になれるだろうな そんな確信を持って大事に積んでいた一冊 大統領が置き忘れた帽子が、拾った人々のモヤモヤした毎日を変えていく それぞれのエピソードが真剣で温かくてちょっとスリリング 1980年代のフランスを味わいながら、ページをめくる手は止まりません こんなお話をずっと待っていたような気がします いいタイミングで読めました

Icon user placeholderDckc0uk4 normal3650ae01 f88a 4ef3 867f eaaf1488dc67Icon user placeholder66caf9bf 6223 40e6 b36e 71953450cae9F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4 19