道尾秀介の本

カエルの小指 a murder of crows

カエルの小指 a murder of crows 道尾秀介

「カラスの親指」続編 詐欺師から足を洗い 実演販売士として真っ当に行きている武沢の前に中学生のキョウが現れたことから 生活が一変することとなる 15年前に武沢がキョウのお母さんの自殺を止めたから生まれてきたキョウ 詐欺師に騙されて再び自殺を図ったお母さん お母さんを捨てた男が悪いのか 自殺を止めた武沢が悪いのか お母さんを騙した詐欺師が悪いのか たった一つの出来事で全てが繋がっていく 世の中には因果応報という言葉があるように 悪いことをした人には悪いことが、良いことをした人には良いことが返ってこないと不公平だ

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b9946d62c 3c4f 4ba2 be21 72ac941a4a4bEd56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaC4a9a40a 8866 4138 ab39 010f8741d7d5 9
光媒の花

光媒の花 道尾秀介

短編と短編の繋ぎ方が好きです。長編を読んでいるようでした。 これに連なる、連作小説「鏡の花」読むのが楽しみになりました。

スタフ staph

スタフ staph 道尾秀介

止まらない展開に脳内上映会は大興奮のまま幕を下ろしました。

9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89E8cb839d ac67 4094 8279 75a17e5092bdBf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c979b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d6851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b7b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c945Icon user placeholder 16
骸の爪

骸の爪 道尾秀介

道尾氏にハマった。 仏像への執着が強くなった一冊。

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aCbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholder2a83088e 4001 4404 9cb7 e5211615ac539b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
光

光 道尾秀介

小さい頃は全てがキラキラと光っていたなぁと思い出したりしました。

5e40eacd 7c31 47b9 94e3 79dc4b805621A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb063ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a6a5d1d58 57a1 4b13 a379 325503cf96d77d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcDa064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be 25
球体の蛇

球体の蛇 道尾秀介

よくいる主人公のよくある青春話をスノードームという道尾ワールドに閉じ込めた作品 私好みではない

3d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706b000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7D61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed49722c6d3829 6955 4aba b6b3 a92c287975a1 12
いけない

いけない 道尾秀介

弓投げの崖という屍体処理場があればこれだけプロットは整うものか?ウソはいつか暴かれると思わせほしいのに、終章は少し、ガッカリする

93538bfa 0bd5 49b7 b6e0 cf5f5d9c64b89fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a8946080893 d1a8 46a4 a657 ba1383e874465dc59253 1335 46dc 8342 2f7a4f57b5f4372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e98ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e 36
スケルトン・キー

スケルトン・キー 道尾秀介

子供を産んでそのまま亡くなった母親 会いたかっただろうに、育てたかっただろうにと思うけど その後の子供の人生を知ったら どうだろう サイコパスの人の感情の無さはためらいなく殺人を犯せるのが怖い たとえ身内だろうとも平気で殺せる サイコパスは鉛が原因の一つだと言う説があるらしいことを知った

Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8Icon user placeholder8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e966b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c 11
風神の手

風神の手 道尾秀介

過去に起きた護岸整備工事の事件が主人公たちの人生を変えてしまった みんなが少しずつ繋がっていて もしこの事件が起きなければこうならなかったああならなかったという思いや後悔を生み出すこともなかった ただ事件の30年以上後に 歩実や源哉が調べた事実は 鍵となる人の告白によりあきらかとなる 一人一人の人生だったはずなのに 繋がって絡み合って 巡り合わせを感じるものでした

F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b863372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e9Icon user placeholder6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184
満月の泥枕

満月の泥枕 道尾秀介

小学生の猛流の相談でアパートのみんなや姪の汐子や菜々子と池をさらうことになった二美男 出てきた頭蓋骨を猛流の祖父に奪われた関係で 猛流の祖父や父までをも巻き込むこととなる 頭蓋骨に関係があるのではと思われる猛流のおじさんを探しに岐阜まで行って みんなが危険な目にあい知り合いの警察官に危機一髪で助けてもらって 無事東京へと帰り着いたが 今までの騒動は一体なんだったのか 過去に辛い経験をした二美男は自堕落な生活をしながら 姪の汐子と暮らしている 汐子が二美男に放った「幸せになってもええねんで」の一言で幸せはいつも側にあったんだなと思う

Icon user placeholderBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d37b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c9456fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d727975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4ca6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376 12
サーモン・キャッチャー the Novel

サーモン・キャッチャー the Novel 道尾秀介

先日、道尾秀介さんの「サーモン・キャッチャー」を読みました。 いわゆる、それぞれ別の話がつながっていくタイプの小説なんですが(ネットでの感想だと、伊坂幸太郎さんぽいという感想が多いみたいです)、そういったタイプの小説としては、「こことここがつながるんだあ」という意外性だったり、それぞれの話がだんだんつながっていく、物語のうねりだったり、ドライブ感がちょっと弱いかなあと思ったりしました。 道尾秀介さんなら、もっとすごいの書けると思います(今作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんとの企画ということで、いつもとは違ったものを書こうと思ったのかもしれませんが・・・)。 でも、タイトルの意味はうまいなあと思ったりしました。

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b035febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e46df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b5f829c40 653a 4861 add7 ca3db4a8192bA27cd244 2720 433d af04 8206c50748d8 10
貘の檻

貘の檻 道尾秀介

最初のシーンからは、想像できない展開。ただ夢の話は、薬のせいかよくわからない。村社会の不自由さ、閉塞。八つ墓村の世界。最後は、ほっとした。

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bEe382f42 3000 4fa8 9409 5941b00dacefC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8372ee6b3 520f 4938 940f ea7f5787d9e994fa151b e37b 473f 800c 1cf8abbc97139b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 8
カササギたちの四季

カササギたちの四季 道尾秀介

さらりと読めるミステリーを求める時には最適な本。嘘を重ねているが全てが優しい嘘で気持ちが優しいから成り立つ。 読んだ後に、気持ちがふわっと終わる。

Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311A01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c151Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c6cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974535b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe43827975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 9
龍神の雨

龍神の雨 道尾秀介

再読なのに、またもや騙され、おそらく気づいてない仕掛けがまだまだありそうです。

0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9a6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06948e0f22 45f4 4817 a2d0 d24d91e061a9Ee382f42 3000 4fa8 9409 5941b00dacef1f771664 e68c 4349 b986 cadfe21c9c18B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27dIcon user placeholder 31
シャドウ

シャドウ 道尾秀介

精神の病理を題材にしたミステリー小説。 小学5年生という設定にしては凰介くんが大人びすぎているのではと感じました。

Qvbsav81 normal0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9aE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d1831d34b d79c 4d8f 923a e08ad80c31486fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d778682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c 22