ポール・シャーレ/伏見 威蕃の本

無人の兵団

無人の兵団 ポール・シャーレ/伏見 威蕃

興味深い本が多いビル・ゲイツのおすすめということ、そして扱われているテーマも非常に興味深いので手にとってみた。陸軍のレンジャー部隊出身で自身、アフガニスタンやイラクに派遣されていた経験を持つ軍事アナリストがロボットやAI、ドローンといった最新の軍事テクノロジーを細かく紹介しながら今後の動向やあるべき論についてまとめたもの。邦題にある「無人の」というのは例えばドローンを運用している空軍などは嫌っている表現で、つまりドローンそのものには確かに人が乗ってはいないけれどもその運用には高度な訓練を受けた人間が多数関与しているのが現状。動向としてはより自律させていく方向が各国の軍隊で研究されている、ということがわかる。作者の問いかけはある種シンプルで、果たして機械に自律をさせて戦闘行為を行わせるのが正しいのか、ということ。言わば哲学的なテーマであって非常に考えさせられた。そもそも戦争が無いのが理想ではあるのだろうけれど、自動化、自律化の流れは止まらないだろうし…。ページ数も多く専門的な用語も少し使われてはいるものの事例紹介も多くそんなに苦労しなくても読めるところも良かった。これはおすすめ。

C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4C415a8f9 e461 40b8 80e0 f85c0cfd0715Icon user placeholder9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b20a669f78 a2bf 4298 9f0d 694fab3464d79a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476 15