遠野遥の本

破局

破局 遠野遥

芥川賞受賞、おめでとうございます。 『今度はちゃんと見ようとふたりで笑いながら、もう一度再生ボタンを押した。 そして今度もゾンビが出る前にセックスを始めた。 馬鹿みたいだった。 でもおかげで誰もゾンビに食われずに済んだ。』 大衆向けではないが、コアなファンには刺さる1冊。 主人公の視点で物事が進み、本当に些細であるが主人公の感じたことも分かる。 冷めていて、虚無で、礼儀や法律を重んじる主人公が、陰毛や通り過ぎる人に気を止めるのが個人的に好きです。 最後、彼はゾンビになれたのでしょうか。

Ywv9ntmo normalA838f6d7 dfd9 470a 82a9 ffbbb1265166Abc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a5970b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae80f51ed9 5a97 4f46 8c10 87b5fc4a0f2e288da534 a338 441b 8fd2 44bb5fdfe15eA817af94 127c 48b8 95e7 2a3a526d76f8 18
改良

改良 遠野遥

美しさを求めるのは必ずしも女性の特権ではなく、女性の姿をすることが美しいと感じていて、それを求める私がいるのも別におかしいことではない。確かに、自分だって男に性器を触られたら勃起するだろうし、女に触られても然りだ。あるのはこう美しくありたいという願いだけで、そこに男も女も関係ない。性の多様性という問題は「男」と「女」という2つのカテゴリーから自由ではないが、この遠野遥『改良』で語られているのはすでにそれらのカテゴリーの軛から自由だ。 河出書房のつけた「ニヒリズムの極北」「困惑そして驚愕」という謳い文句が的を外れていることはなはだしい点は置いておいて、遠野遥が後半にかけてみせる筆の畳みかけよう、展開の作り方は大変興味深い。 それは明らかに全体を通して抑制が効いている語りであることを前提に、それでいて「カオリ」に対して一気に沸点に達し、多目的トイレではセリフを全く使わず緊張感を出させる。テンポが会話だというのはそうだけれど、人間は本当にシリアスな場面ではどちらかというと無口なほうかもしれない。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aIcon user placeholderEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7b