降田天の本

すみれ屋敷の罪人

すみれ屋敷の罪人 降田天

ドンデン返してんこ盛りで楽しい。 大分時は経っているし登場人物それぞれに各々の現実があり、中々真実がみえない。 時代が時代じゃなかったら・全て話していたらまた変わったのかな、、

8ec1b7ac ebe6 4fd6 833b d621d1d7df7fIcon user placeholder1760143d b634 4b82 b92f e610e4c97aff4916be49 74bf 4e25 9f77 54bb653d97dd5f81d9e8 2019 48a2 8e1c c18f62c99e2f87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093 8
女王はかえらない

女王はかえらない 降田天

絶対読み返しした方がいい。 まさかのどんでん返しがあって深読みするとなお面白いです。

59ce0229 453d 43b7 a500 ae584a5309266c9f0df8 4824 4398 82f9 63f68d7f851cB0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81d24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09D979dcb6 afda 4ecf b0ca d1ce823b06087c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef 10
偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理 降田天

「日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作品。『偽りの春』収録。作家ユニット。 「見知らぬ親友」と「サロメの遺言」の短編を追加して、何故、元刑事が交番のお巡りさんをしているのかが明かされる。 犯人とただ話をしているだけの狩野の観察力と話術に引き込まれる。謎を解くというより、見抜かれるという感じが犯人にとってプレッシャーなのだろう。 少し変わった推理もの警官もので、面白い。

彼女はもどらない

彼女はもどらない 降田天

最初に自白から始まるから、どうやっていつバレて殺されてしまうんだろうと思いながら読み進めていったら、違う方向から、え!?ってなる。 現代のネットの闇?問題?にも切り込んでいてちょっと深い けど、最後はちょっと薄い感じが残念

16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b7B0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81d5f3f7c7e 2655 4e02 bde0 3381d239c0ca0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59348b86f85 c709 4f4e bb51 d9ca240dc8ce 8