中山康樹の本

エレクトリック・マイルス1972-1975

エレクトリック・マイルス1972-1975 中山康樹

元スイングジャーナル編集長の音楽評論家だけどこの人の書くものがけっこう好きなので手にとってみた。帝王マイルスの、作品で言うと「オン・ザ・コーナー」から「パンゲア」まで、いわゆるジミ・ヘンドリクスとスライ・ストーンに影響を受けたとされる時代について本人と関係者の証言から何が行われていたのか、を解明しようとした作品。マイルス・デイビスはメジャーな会社から出てる作品は一通り全部持ってるアーティストの一人で個人的には凄く好きなんだが、特に賛否が分かれるこの時代の諸作品について個人的には好きだと言ってたのだけどそれはたぶんに「そう言ってたほうがかっこいい」みたいな見栄というかなんか頭で聴いてたな、という反省もあって今回読書と共に久しぶりに聴きなおしてみた。多重録音だったり大人数でドヒャーと訳のわからないことをやっている、という印象だったのだけど改めて聴くと全然真っ当な音楽でフリージャズの類いとは一線を画していることが分かった(フリーもけっこう好きなんだけど)。ド素人なので的外れな事を言ってるのかもしれないがコード分解のバップからスケール中心のモードと来たマイルスが次に取り組んだのがリズムで、ドラムが4分の4のところにパーカッションが8分の6にギターがまた別の拍子で二番目のギターはまた別の、といった感じでどんどん人数が増えていって…という感じ。その意味では影響を受けたのは間違いないだろうけどジミやスライとはまた違った方向に進んで行こうとしていた、という本作の指摘はよく理解できる。酷評にも全く動じることなく己の信ずる道を行く姿は帝王の帝王たる由縁という印象でやはりかっこいい。巻末の関連ディスコグラフィーも楽しくて~Apple Musicに入ってるから聴き放題!(笑)〜凄く楽しく読めました。

ジャズ・ヒップホップ・マイルス

ジャズ・ヒップホップ・マイルス 中山康樹

自分はもうiPodでしか音楽聴かなくなって久しいのだが収録曲数だけだとマイルスが一番多くて〜難しいことは分からないけど時代とともに変わり続けたアーティストなのでバリエーションが多くて飽きないんだろうな〜のことを最も好きな音楽評論家が書いた本なら読んでみようということで。遺作がラッパーとの競演のヒップホップ・アルバムだったマイルスだけどそれはけっして新しい取り組みではなくて、もっと言うとビバップは当時のストリート・ミュージックだ、みたい感じの流れかな。読みやすくて説得力あっていい文章も良かった。何枚か聴いてみたくなったアルバムもあった。興味ない人にはほんとどうでもいい話だと思われるが(笑)

ジャズの歴史 100年を100枚で辿る

ジャズの歴史 100年を100枚で辿る 中山康樹

久しぶりに作者の文を読んでみたくなったので内容は二の次だったけどなかなか面白かった。 ジャズという音楽の歴史を特徴的な100枚で語る、というもので有名盤から殆ど誰も知らないようなものまで取り上げられている。 これは是非聴いてみよう、と思ったのが二枚あった。

黒と白のジャズ史

黒と白のジャズ史 中山康樹

ジャズを作り出した人々と、 産み出されたレーベル、レコードをが、たっぷりのジャズ愛とともに描かれてる。 もっともっと、一人一人の歴史として学びたいなぁと思わせてくれた、私にとって「ジャズ全史」的作品でした。

4113d4b7 6f3a 4531 9edb 84359488674708634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c4525bf10 2907 4349 92f5 e244d7ccb9bdB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4420043ed a5aa 4a3b afc2 ece0bb44803342111298 b1a3 4ba9 b572 e35448b1b4f2D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a 13