ジョージ・アレック・エフィンジャーの本

重力が衰えるとき

重力が衰えるとき ジョージ・アレック・エフィンジャー

P81 苦痛は、いつになったら人生がふたたび耐えられるものにもどるだろうか、と疑いたくなるほど長くつづく。だが、快楽は、踏みつけられたクチナシの花とおなじように急速に色褪せ、記憶はその甘い香りをむなしくさぐる。