吉行淳之介の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc66 27
夕暮まで

夕暮まで 吉行淳之介

読みやすいが、難しい。 私にはまだ早かったのかもしれない。 「ねぇ、ひどい目に遇わせて」

7999fcfb 221c 4fb9 9315 8a97689ca2850bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

Icon user placeholderA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 9
砂の上の植物群

砂の上の植物群 吉行淳之介

横浜みなと映画祭にて上映された「わが恋の旅路」を見て、あの時代(60年前半)の横浜が舞台の小説を読みたくなり、本棚より引き出してみた。まだ完成したばかりのマリンタワーや返還されたばかりで荒れた山下公園、戦争の影がまだ色濃く残る時代。 題名はクレーの絵から。

2010169f febe 4277 b0eb b8b0c0cf321889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e650fd1da fe4c 4067 8862 b496ee15d7f5
アンソロジー そば

アンソロジー そば 池波正太郎

蕎麦はうどんにもラーメンにもきしめんにもない粋な美学がある。蕎麦観も美学も人それぞれでおもしろい。

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740045807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1Bcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508E9055b08 9a8e 4544 8233 280ef79450c3F28f12da 56dc 4042 8814 56e2dc18740a3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb
原色の街・驟雨

原色の街・驟雨 吉行淳之介

川端の官能的なところも好きだが、吉行淳之介は性愛、肉体の孤独といういい方があっているように思う。肉体の交わりによって自分に跳ね返る闇、孤独。

吉行淳之介娼婦小説集成

吉行淳之介娼婦小説集成 吉行淳之介

仕事で元赤線地帯を歩いたので、手にとってみた。赤線なんて殺伐とした世界かと思ってたが、吉行淳之介の描く娼婦たちはしっとりとした情感に溢れていた。ただ、短編『手毬』の切れ味の鋭さは恐ろしいほど深かったなあ。

アンソロジー カレーライス!!

アンソロジー カレーライス!! 阿川佐和子

御節にもそろそろ飽きてきて、ああ、カレーライスが食べたいな、と思いながら、ふと手にとった本。 中の紙までカレー色で、33人の方の書いた、いずれもカレーにまつわるエッセイは、トータルで、まるで沢山のスパイスを使うカレーのようなハーモニー、美味しく頂きました。

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a9239856491cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850817d5238a bd35 481b 9acd b495ae9d0c1a6416b8ee f371 4dd1 a2ea 8c6d12d95a36