丸谷才一の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc66 27
猫なんて!

猫なんて! 角田光代

総勢47名の作家による猫話 猫との距離感、間合いがそれぞれでおもしろい 犬派ですが、猫もいいなあ… なんて笑

Icon user placeholderA79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110bE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f4475657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b01F0494b87 194b 49b3 b501 bd4f881df8d65ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 9
光る源氏の物語〈上〉

光る源氏の物語〈上〉 大野晋

源氏物語初級コースから中級者への橋渡しくらいの位置付けでいいのかな。源氏物語の深さとおもしろさにどっぷり浸れます。これはみんなに読んでほしいなあ。

見わたせば柳さくら

見わたせば柳さくら 丸谷才一

丸谷才一山崎正和対談集。お二人の博識ぶりについていけない部分も多々。勉強してもう一度読み返さなければなあ。

笹まくら

笹まくら 丸谷才一

「打ちのめされるようなすごい本」を読んだら、この本を読まなくちゃね。

女ざかり

女ざかり 丸谷才一

僕のなかで文学といえば、これですわい。

#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f213cd90850>75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
横しぐれ

横しぐれ 丸谷才一

初丸谷才一。種田山頭火を題材に、父と家族と「わたし」の過去と記憶を遡る。多重に仕掛けを張り巡らせ、確信犯的な胡散臭さがぷんぷんの実に意地の悪い小説。もちろん大好物。旧字体の端正な文体はしみじみ味わうべきなのに、ミステリ的興奮がそれを妨げぐんぐん読んでしまう。隅から隅まで面白かったんだけれど多分に見落としている。このはぐらかされ感は悔しいのでまた読む。 20161106

ずるずる、ラーメン

ずるずる、ラーメン 椎名誠

ラーメンに関する随筆集。 以前読んだ「ずっしり、あんこ」に比べ、感動的な話もなく、どうでも良いような内容ばかりだけど、楽しく読める。 読んだ後の頭の中は完全にラーメン。早くラーメンを食べたい!

7d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b396B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642691de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742f
文章読本

文章読本 丸谷才一

"書くべきこと、語るべきことがあるとき、言葉は力強く流れるだらう。"

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1f