よしもとばななの本

チエちゃんと私

チエちゃんと私 よしもとばなな

心の中を掘り下げる言葉が多くて、感情が抑えきれなくなりそうでした。 ”全てのことがほんとうはそういうふうに毎回少しずつ違っているのに、広すぎてこわいから、人間はいつでも固定させて、安心しようとするの。知ってることの中に。” 私にとって共感する事の多い本。

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb602ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd
王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―

王国―その1 アンドロメダ・ハイツ― よしもとばなな

都会っ子だからどこまでリアリティーを持って感じ取れたかは自信がないけれど、自然の筋というものの中で人が暮らしていることを意識するようになった。今ちょうど育てているトマトへの愛が湧いた。 片岡さんが一番いいキャラしてる。

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b245122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fPicture
ジュージュー

ジュージュー よしもとばなな

ふと一息つける下町話。 なんてことない生活にほっこりするのは こんなご時世のせいか分からないけど ハンバーグがなんとも美味しそう

Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499cF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e510d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c48d788a16 5772 4a7e bc8c 819f46337058B58225fe 0d10 469d 88b1 fef8ec4a30c3510ec7e8 5b27 4007 a575 937750ffb134A6a32a24 8934 4309 a879 a0a4721033c4 10
サウスポイント

サウスポイント よしもとばなな

情景が浮かんでくる。悲しい感じや決して明るくない感じなんだけど、癒される♥️ ハワイ島にいつか行ってみたい。 何度でも読んでしまう

E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Icon user placeholder236d22fd 5a4e 437f b69c b44cf57fb7e0197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d72a1a981 a868 4efd 9c2c 3573c35d5ced
High and dry

High and dry よしもとばなな

「世界はきっと、目に見えないこともいっぱいにつまった風船みたいなものだ。 だから、なるべく全てに心を開いていたい、人間にだけではなくて。」 「人間はどうして何回も小さな別れを繰り返さないと生きられないのだろう。」

8c51e532 c536 4c56 8ab2 094746a752a2Icon user placeholder3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c771197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d3a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b9922c560129 4d0f 4da4 b558 b8afbd95b062015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554 9
海のふた

海のふた よしもとばなな

よしもとばななの描く田舎の風景が大好きで、特に海のふたの情景が1番好き。 さっぱりとしていてどこか悲しくて。毎年夏休みに読んでしまう。

Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499c008900e4 438f 4456 9cf6 c7d3b95d705f5844f4c0 9cb3 4a9a 99e6 bcc9d9aaae809ac54dde 25f2 487c b9f5 9a57755f34fe537111c7 e737 4a8b 89c0 bb5132cef2284e69c40c e1ff 4cab 8303 aa1beb190df5Icon user placeholder 41
日々の考え

日々の考え よしもとばなな

幽体離脱的な話のところが好きでいつかロバート・A・モンローの本も読んでみたいと思った。

どんぐり姉妹

どんぐり姉妹 よしもとばなな

生きる環境が人生とかその人にもたらすものは、多いけれど、それでもその経験をどうするか、どう考えて消化するかは決められていない。 何歳になっても。 どんぐり姉妹は、姉妹で生き方を見つけていく。 素敵な本でした。 私の妹にも勧めたいし、姉妹のいる友人にも勧めたい本でした。

Icon user placeholder4778b746 31b1 4e8b adaa 94091ebdac40Df9ab9a4 b47b 4b11 ae71 49e29e2f499cB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d52feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495924e69c40c e1ff 4cab 8303 aa1beb190df5F11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafa 18
Q人生って?

Q人生って? よしもとばなな

"だれかがいなくなれば、だれかに知り合う機会が増えるし、その人はもしかしたらお互い率直に怒りあっても、笑いあって許せる人かもしれない"

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b70760790 50f2 4960 b8a2 9ef7c86c164742228ac2 bbf6 45d2 b37e 6bbbdcecb3185106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e63288207b6 e0b2 46ea a99f a579758832de014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Icon user placeholder 10
デッドエンドの思い出

デッドエンドの思い出 よしもとばなな

ああいう人って、ものの見方がすごくパターン化しているんだよ。あのね、ずっと家の中にいたり、同じ場所にいるからって、同じような生活をしていて、一見落ち着いて見えるからって、心まで狭く閉じ込められていたり静かで単純だと思うのは、すっごい貧しい考えなんだよ。でも、たいていみんなそういうふうに考えるんだよ。心の中はどこまでも広がっていけるってことがあるのに。人の心の中にどれだけの宝が眠っているか、想像しようとすらしない人たちって、たくさんいるんだ。                by西山君

4c6e36fd 0654 41a1 ad3d 000dbaa36d87E2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a726af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0F11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafa9eda642f 7770 49eb beee 6c065a79ecdc3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bIcon user placeholder 39
さきちゃんたちの夜

さきちゃんたちの夜 よしもとばなな

さきちゃん達は、傷付きながら柔軟に強い。彼女達の心の声が好きだ。充分に傷付きながら、相手の心にも想いを馳せることができる。かといって走り出す訳でもなく、一歩一歩自分を確認しながら前に進んでいこうとする。 さきちゃん達の空気を纏った文字達がそこにある気がした。一文を読んで、もう一度読み直して頭の中で想像しながら読み進めるとさきちゃん達の心のヒダに近づける気がした。

4c6e36fd 0654 41a1 ad3d 000dbaa36d87A7c8abbd b462 47f4 a656 42ae5f9218d2055b7b31 1fcb 4278 9081 1b46efd7523d187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc579bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985644472bf85 fa11 418d a9cd ba52606422e59d1a2f70 1cd1 424c 9a07 1da8e7b7d634 8
もしもし下北沢

もしもし下北沢 よしもとばなな

下北を知っている人は頭の中に鮮明に街の風景が浮かぶはず。個人的には新谷君がちょっと可愛そうと思った^^;

A4bdce03 e148 4850 95f0 43343530606a4e69c40c e1ff 4cab 8303 aa1beb190df52feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495929dd0272b 2b53 4e07 a9bf 895c749456e1Bf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf4b43b316 6655 41bf 98f4 c02c783513fcE37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef 11
スナックちどり

スナックちどり よしもとばなな

人生の中、苦しい状態にある2人の旅話。 「新しい古い、良い悪い、どんどんそんな区別がなくなっていき、自分の芯になるものだけが残る。」 苦しみの中にいても、今流行りの言葉で言うと、何とも自己肯定感の強い2人。その理由は、お互い芯になるものを見つけているからなのだろう。 今の私に1番必要な本。出会えてよかった。

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aE8cb140d 161d 4fde b00f 73b42452522b60c63dc3 514c 4ed2 99c8 6d35b0aca10a2970514d f58b 4b33 988c faad88c878d60f57de70 272b 416d 9887 8654e83c6163