有栖川有栖の本

濱地健三郎の幽たる事件簿(2)

濱地健三郎の幽たる事件簿(2) 有栖川有栖

理由のつかない現象は、1つの要素であって、そこからどのように論理的にまとめられるか―を楽しみながら読みました。こういう風に導入され、こういう風に出てきて収束する、というようなパターン化にはほぼ皆無なので、触感が毎回違っていて新鮮に楽しめます。テレビドラマに向いていそうだけれども、われわれには見えないし感じられない霊的存在は、全く表現しないでほしいです。CG化してしまうと、もう完全にぶち壊しです。 ところで読み終えて一番気になるのは、多くの依頼者が探偵の存在を知るきっかけになる、仄聞して覚えてしまう…「語呂合わせの電話番号」です。どんなのなんだ⁈という。 と、この落ち着いた雰囲気だから、「えっ、まさかそれを電話番号にするの⁈」というような妙なのではないことを願いたいですが…。

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783042c4960 208b 4c9b 9d72 e0e03cd3a2c9
論理爆弾

論理爆弾 有栖川有栖

本格ミステリ作家、有栖川有栖の書く、ジュブナイル小説「空閑 純」シリーズ第3弾! 母親の失踪の謎を追い訪れた村で、発生する殺人事件! しかし忽然と消え失せる被害者の遺体、当惑する純を他所に第2、第3の事件が…果たして純はこの謎を解き明かせるのか!? ジュブナイル小説らしく、シリーズが進むにつれ、徐々にその姿を見せる巨大な陰謀、母親の失踪の手掛かり。 有栖川有栖の描く登場人物は、実に存在感があり、ともすれば荒唐無稽にな架空の設定の中で、実にリアリティを持って行動しており、敵味方問わず魅力的だ。 さて、今作、漸く「私立探偵」として一歩を踏み出した純だが、まだまだ半人前未満、殺人事件を前にしても、思うように調査が進まない。 きっと読み手も、推理のピースがなかなか集まらず、やきもきするだろう。 しかし、それこそが、本作に仕掛けられた「作者からの挑戦」なのだ!(と勝手に私は思う) ===== 以下は、今作を「推理小説」として楽しむための個人的な意見です。 ネタバレは極力避けますが、閲覧は自己責任で! ===== 前述の通り、空閑純は半人前未満の探偵で、情報の収集も絞り込みも、行いきれていない。 その為、「本文中に描かれていない人物による犯人説」を払拭する事は出来ず、普通に読むと犯人を絞りこむ事は不可能である。 しかし、安心?して欲しい。 エラリークイーン式の「読者に対する公平性」は今作でも健在だ。 一歩視点を変えれば、本書で空閑純が遭遇した事件の推理は可能である。 ぜひ、皆様には本作に仕掛けられた挑戦に打ち勝って欲しい。 それが1回目の読書で、挑戦に破れてしまった私の願いである。 打ち勝った際には、何故本作が一見、本格推理小説としては不完全に見えるのか、きっと明らかになっているはずだ!

インド倶楽部の謎

インド倶楽部の謎 有栖川有栖

作家アリスシリーズはよく刊行されていますが、国名シリーズは久しぶりです。 まあ今作はなんというか、こんなのもアリといえばアリなのかなあ、という作品でした。

846f584d 2e5b 4b0e a881 0076bb09f6a7387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f18dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c3449a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adce 11
有栖の乱読

有栖の乱読 有栖川有栖

学生時代から長いこと、ブックガイドとして重宝させてもらった一冊。絶版になっていた本も何冊もあって、当時は読みたくて堪らなかったなー。手に入らないものを欲しがる悪い癖は未だ治らず。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f75e05375 99d6 43a8 9717 6f92deb748acFeac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549C00a5b6d 82b6 4a25 8807 f4e4043cb59e
幻坂

幻坂 有栖川有栖

大阪にある「天王寺七坂」を舞台に描く、幻想怪談。全9編。 歴史を勉強して、坂を歩いてみたいと思います。そこはかな不思議は大好きです。

濱地健三郎の霊なる事件簿

濱地健三郎の霊なる事件簿 有栖川有栖

作家アリスシリーズではなかったので、購入は見送りました。が、いい感じのお話でした。 これ読むためだけに幻坂も読んだ。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fB559fbf0 7e7f 4775 9455 8b340fd8064d2c14773f 19ca 4779 b486 b3b7106c588c
猫が見ていた

猫が見ていた 湊かなえ

猫題材の本は手が伸びてしまうよね。 猫が少し離れた位置にいたり、近い位置にいたり、と完全に猫が主役というわけでもなく、猫の位置関係がそれぞれの作者によって違い、面白かった。 「吾輩も猫である」とは逆である。 2018.5

C5cc27af c18c 4713 a0d0 574ca7d855033058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f490Icon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2B79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559dD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c148 23
幻想運河

幻想運河 有栖川有栖

「幻想運河」というタイトルの通り(?)、ドラッグとアムステルダムを流れる川が主な主軸。流れる川が蜘蛛の巣のよう、というのは面白いと思った。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fIcon user placeholder
闇の喇叭

闇の喇叭 有栖川有栖

好きな作家さんですが、このシリーズはまだ読んでいませんでした。ジュブナイル推理小説とでも分類されるのでしょうか。シリーズ開始の作品なので、トリックは軽めな気がしました。

カナダ金貨の謎

カナダ金貨の謎 有栖川有栖

国名シリーズ第10巻、表題作は少々トリックがピンときませんでした。 「あるトリックの蹉跌」でのラストシーン、火村先生がどんな表情をしていたのか、想像が膨らみます。

846f584d 2e5b 4b0e a881 0076bb09f6a7387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184De50eb23 bdf9 468d 9bfa dacbe1a59048
有栖川有栖の密室大図鑑

有栖川有栖の密室大図鑑 有栖川有栖

2019 4月課題本 国内外のミステリを密室というテーマで紹介。 図解はいいね~分かりやすかった。 紹介されてた本は半分も読めてなかったので、例会までに短編中心に読んだ。 読んだけど忘れてたものもあり、楽しかった。 もう少し読みたいが、やはり私はストーリー中心のミステリが好きで、トリックやロジックに興味がないんだよなぁ…

壁抜け男の謎

壁抜け男の謎 有栖川有栖

犯人当て小説から近未来小説、敬愛する作家へのオマージュから本格パズラー、そして官能的な物語まで。目眩くアリス・ワールドのカオス!有栖川有栖の魅力を余すところなく満載した最新傑作作品集。母親のようにはなりたくない。美貌と若さを利用して、すべてを手に入れてやる(『真珠の雫』)。親友の真似をして人生の選択をしてきた。ある日を境にふたりの立場が逆転。その快感が(『ロールモデル』)。過去の失敗は二度と繰り返さない。たとえ自分を偽っても、今度こそ結婚までこぎつけなければ(『教訓』)。など、幸せを求める不器用な女たちを描きだす8編の短篇作品集。第21回柴田錬三郎賞受賞作。

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724
鍵の掛かった男

鍵の掛かった男 有栖川有栖

2018/10/17読了 積読本の消化強化月間。 出張の帰りの車内で黙々と読んでいたけど、全部は読みきれなくて翌日に読了。 火村シリーズの新作が出たので、早くこの本も読み終わりたかったからちょうどいいタイミングだったかなぁ。

846f584d 2e5b 4b0e a881 0076bb09f6a7387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f53b1b9fd 255b 475f 93b6 4e4ef80cf6dd49a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceIcon user placeholder
7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー 綾辻行人

限られた尺の中にぎゅうぎゅうに詰め込まれた超豪華短編集。有栖川先生は駆け足ながらいつもの満足感。SF?プロジェクト:シャーロック面白かった!法月先生は本当にエラリー形式なんだなあ。次追っかけるならこの方かなあ。綾辻先生!馴れ初め?ですか!と、感想も詰め込みがち。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7153f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460bIcon user placeholderIcon user placeholder2c14773f 19ca 4779 b486 b3b7106c588c 8
名探偵傑作短篇集 火村英生篇

名探偵傑作短篇集 火村英生篇 有栖川有栖

作家アリス編の中からの選りすぐりの短編を集めたもの。個人的には「雨と猫と助教授と」が好きなので、入っていたことが嬉しかった。 改めて、というか久しぶりに読んで驚いたのが彼らの年齢。こんなに若かったっけ?! 夢中になって読んでいた頃はまだ10代で、30代ってとても大人だと思っていたから… 火村とアリスの30代の魅力を、前とは違った視点から読む機会になりました。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fIcon user placeholder9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe977878c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 8
江神二郎の洞察

江神二郎の洞察 有栖川有栖

謎に包まれた部長と、仲間たちの何気ない大学生活ばかりでも面白いだろうな、と思いながら読み始めて、この4人に関してそんな甘いことはなかったと笑ってしまった。 小さな謎、大きな事件、本編を挟んで部員たちのささやかな変化。本編のファンにとってはどれもこれもが愛おしい作品だろう。 本編からは知り得ない、有栖が部員になるきっかけからスタートして、麻里亜が入部するきっかけの事件までの約一年間の彼らの日常生活をふくめた小さな謎解きがちりばめられている。 これを読んだら、第1作の月光ゲームから読み返したくなること請け合い。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Icon user placeholder
競作五十円玉二十枚の謎

競作五十円玉二十枚の謎 若竹七海

ある男が毎週土曜日に50円玉20枚を1000円札に両替しにやってくる...!果たしてその目的はなんなのか、その50円玉はどこから集まるのか...。たくさんの謎解きが集まった。果たして真実に近いのは誰だ!

狩人の悪夢

狩人の悪夢 有栖川有栖

2019/2/17読了 読み始めた頃には、はるか彼方の大人だった火村と有栖だったんだけどなぁ。 読者にとっても長年のお付き合いになるとある登場人物に大きな変化が! 事件そのものの謎の解明より、そっちの方がインパクト大きかったです。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f2251c20b 627d 4049 9fb3 fa8ea0209ea4Icon user placeholder2a050e69 16fc 4c46 9dd8 a77dc80df1a249a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceIcon user placeholderIcon user placeholder 23